琵琶湖竹生島の宝厳寺

c0112559_08053905.jpg
滋賀県の長浜市へ一泊旅行しました。何度か行ったことはあったのですが、当時はまだ建物にそんなに興味がなかったので、見ていないところが多かったのです。朝、自宅を出発して、高槻からJR新快速を利用すると1時間半強でJR長浜駅に着くので便利です。午前中に着いたので、まず琵琶湖の竹生島(ちくぶしま)へ。

竹生島は、琵琶湖の北部にある島で、琵琶湖国定公園特別保護地区、国の名勝および史跡に指定されています。人がいる場所は宝厳寺(ほうごんじ)がある、島の南側の一部に限られていて、定期船が発着する港と、すぐ近くにある数店の土産物店と寺社に集中しています。宝厳寺は真言宗豊山派の寺院で、山号を巌金山(がんこんさん)といいます。本尊は弁才天(観音堂本尊は千手観音)、開基(創立者)は神亀元年(724年)聖武天皇の頃で、行基によるとされています。西国三十三所観音霊場の第30番札所です。

慶長七年(1602年)に、太閤秀吉の遺命により、秀頼が豊国廟より桃山時代の代表的遺稿である観音堂や唐門などを移築させたものが現存し、唐門は国宝です。最初の全景写真はウィキペディアから借用しています。

巌金山 宝厳寺
滋賀県長浜市早崎町1664-1
撮影 : 2016.11.18
c0112559_08061547.jpg
長浜からの定期船は1日5往復が運行。長浜港から竹生島までは30分。乗船料は往復で 3,070円でした。
c0112559_08115018.jpg
c0112559_08123264.jpg
船を下りると、すぐのところにある拝観受付所で拝観料400円を払います。宝厳寺本堂までは、「祈りの階段」と呼ばれる165段の石段が続きます。
c0112559_08125543.jpg
鳥居から右に行けば都久夫須麻神社(つくぶすまじんじゃ)、つまり竹生島神社にいけますが、これは後に。
c0112559_08132879.jpg
西国三十三所の記帳所は本堂横に脚長で建っています。


宝厳寺本堂
c0112559_08143388.jpg
宝厳寺本堂は船着き場からの石段を真っ直ぐに上りきった高台に建つ、寺内最大の建物です。本尊弁才天像で、1942年に平安時代様式で新築されたものです。鉄筋コンクリート造り、平屋建て。

宝厳寺本堂
1942(昭和17)年
設計・施工 : 不明
c0112559_08151634.jpg
c0112559_08153782.jpg
弁天様の顔を描いた幸せ願いダルマがいっぱい。全部手作りだそうで、中に願い事を書いた紙を入れ、奉納するとか。奉納料は500円です。
c0112559_08173095.jpg
ひっそり立つ石造五重塔は鎌倉時代のもので、国の重要文化財です。
c0112559_08180390.jpg
東側にも石段があり、そこを下ると、唐門があるはず。

宝厳寺唐門
c0112559_08191476.jpg
残念ながら平成25年6月1日から平成30年3月31日まで、事業期間70ヶ月の改修作業中で、足場が組まれシートで覆われていて見えません。しかたなく、外観写真はウィキペディアから借用しました。

この門は京都東山の豊国廟の唐門または大阪城の極楽門を移築したと伝わるもので、慶長8年(1603)に建立されました。妻や桟唐戸およびその両脇などに大胆な意匠の彫刻をはめ込み極彩色をほどこしています。建物全体は黒漆塗を主とし飾金具や極彩色の彫刻などで飾った華麗な門で、豪華絢爛な桃山時代の建築を代表する唐門として国宝に指定されています。

宝厳寺唐門
1603(慶長8年)
国宝
設計・施工 : 不明
c0112559_08195373.jpg
唐門の妻にが濃密な装飾彫刻がありますが、シートの下です。よってこれもウィキペディアから借用しました。大虹梁上の蟇股(牡丹文)と松に尾長鳥の彫刻です。
c0112559_08213873.jpg
門扉の彫刻。
c0112559_08222271.jpg
内部は見ることができます。門をくぐった突き当たりですが、これは次の観音堂の壁と思われます。
c0112559_08233901.jpg
c0112559_08235708.jpg
c0112559_08241861.jpg
各種の彫刻がありますが、まだ桃山時代。
c0112559_08244198.jpg
あまり洗練されているとはいえません。
c0112559_08262725.jpg

宝厳寺観音堂
c0112559_08272900.jpg
観音堂は唐門と同じときに移築されたもので、唐門の背面は観音堂に繋がっています。観音堂には本尊の秘仏千手観音立像(鎌倉時代)が安置されています。入母屋造檜皮葺きで、傾城地に建てられた、床下に長い柱を立てて支える懸造(かけづくり)だそうですが、外観は屋根と、唐門の後ろが少し見えるだけで、掛造りの部分は木が生い茂って、ほとんど見えません。

写真はネットにあった数少ない側面を写したもの。左は唐門でつながっているのがわかります。また内部も奥は改修中で入ることができませんでした。国の重要文化財の木造、平屋建て。

宝厳寺観音堂
1603(慶長8年)
重要文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08300907.jpg
手前の掛造りは次の船廊下のもの。その向こうに見えるのが観音堂です。
c0112559_08304967.jpg
この辺が観音堂の下です。
c0112559_08322632.jpg
このときはこの突き当りまでしか行けませんでした。
c0112559_08324908.jpg
奥までいけた当時と思われる写真をネットから借用しています。

宝厳寺渡廊(船廊下)
c0112559_08344492.jpg
観音堂と都久夫須麻神社(つくぶすまじんじゃ)、社名は竹生島神社の本殿を結ぶ屋根付きの廊下です。豊臣秀吉の御座船の用材を用いて建てたという伝承から「船廊下」といわれています。廊下は檜皮葺きで、いわゆる懸造りです。国の重要文化財の木造、平屋建て。

宝厳寺渡廊
1603(慶長8年)
重要文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08351704.jpg
c0112559_08353863.jpg
脚長の懸造り。
c0112559_08370356.jpg
c0112559_08372303.jpg

都久夫須麻神社(竹生島神社)
c0112559_08382302.jpg
船廊下を進むと都久夫須麻神社の本殿前に出ます。ウィキペディアによると、明治新政府は神仏分離令を出したときに宝厳寺を廃寺にして神社とし、「都久夫須麻神社」と称するよう命じたそうです。しかし、全国の崇敬者の強い要望により宝厳寺の廃寺は免れて寺院と神社の両方が並存することになったとか。

明治7年(1874年)に都久夫須麻神社と宝厳寺の境界が決められ、明治16年(1883年)に両者の財産が区別され、以降、都久夫須麻神社と宝厳寺は別の法人となっているそうですが、今日でも都久夫須麻神社の本殿と宝厳寺の観音堂は舟廊下で直接連絡しており、両者は不可分のものとなっています。

本殿は唐門や観音堂と同様に、伏見城または豊国廟から移築したと伝えられています。装飾性の豊かな桃山建築ですが、建物中心部の身舎(もや)と周辺部の庇とは本来別個の建物で、建立年代の異なる2つの建物を合体して1棟としたものだそうです。

本殿は永禄元年(1558年)に火災で焼失し、永禄10年(1567年)に再建され、これが現存する庇と向拝の部分にあたり、身舎部分は慶長7年(1602年)、豊臣秀頼が片桐且元を奉行として改造したもので、他から移築されたものとか。国宝に指定された木造平屋建て。

都久夫須麻神社(竹生島神社)本殿
1567(永禄10)年 / 1602(慶長7)年
国宝
設計・施工 : 不明
c0112559_08393625.jpg
この装飾彫刻のアップはウィキペディアから借用しています。
c0112559_08403390.jpg
c0112559_08410488.jpg
本殿の全景です。

八大龍神拝所

c0112559_08415419.jpg
c0112559_08424285.jpg
琵琶湖を望む断崖上にあり、ここから皿の形の土器を湖に向かって投げ、 投げた「かわらけ」が鳥居をくぐると願いが叶うと言われています。
c0112559_08431864.jpg
ということで、かわらけ代2枚300円を払って投げてみましたが、全然だめでした。願い叶わないそうです。(涙)

宝厳寺本坊
c0112559_08443518.jpg
ネット情報がないので、いわれのある建物ではないのは分かっていますが、気になった建物です。唐破風の玄関とそれにつながった2階建ての長大な建物。
c0112559_08454499.jpg
崖の上に建っています。
c0112559_08464609.jpg
宿坊のように見えますが、なかなかの近代建築でした。
c0112559_08471866.jpg
船着場に戻って、
c0112559_08475011.jpg
長浜港へ戻りました。

by gipsypapa | 2017-07-28 08:48 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/26847040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-07-31 06:14
ココ、行ってみたいんですよね。
島にあるのはお寺のみ。
しかも、こんなに立派なお堂の数々。
信仰の中心だったんですね。
Commented by gipsypapa at 2017-07-31 08:29
j-garden-hirasato さん
近場なのに、日帰りでは
苦しい中途半端な感じだったので、
ようやく行くことができました。
この島には寺社しかありませんが、
団体観光客も多かったです。
<< 長浜市の中島屋食堂 松本市の中町通り >>