あがたの森文化会館(旧松本高等学校講堂)

c0112559_07551503.jpg
本館の北側にある講堂は、「あがたの森文化会館」の一部です。本館と同様の外観で、本館の2年後に建てられたもの。意匠的には、円形庇の玄関ポーチや、屋根の換気窓など、内外の装飾細部に見るべきものがあります。本館同様、当時の木造学校建築の特徴を典型として、国の重要文化財に指定された木造2階建て。

あがたの森文化会館
旧松本高等学校講堂
1922(大正11)年
重要文化財
設計 : 文部省大臣官房建築課
施工 : 守会商会
長野県松本市県3-1-1
撮影 : 2016.7.12
c0112559_07554784.jpg
c0112559_07560137.jpg
玄関は2箇所あります。西側の隅切部にある円形庇は珍しい。
c0112559_07565771.jpg
c0112559_07571413.jpg
屋根にある換気窓も印象的です。
c0112559_07573647.jpg
もう一箇所の玄関は東側に南面しています。
c0112559_07585971.jpg
c0112559_07591738.jpg
ドンドンという音に惹かれて中へ。
c0112559_07594076.jpg
講堂の2階にあるテラスに上る階段。
c0112559_08001650.jpg
子供たちが和太鼓の練習中でした。
c0112559_08012228.jpg
c0112559_08013812.jpg
c0112559_08015328.jpg

by gipsypapa | 2017-07-21 08:02 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/26829331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-07-22 07:51
松本はこういう建物をちゃんと残すところが
長野と違うところかもしれません。
両市を比べると、
松本の方が文化水準は高いように思います。
開智学校もあるし、
草間彌生の生まれた地でもあるし。
何か長野は、
善光寺のお香臭いイメージがあって、
クソ坊主が幅を利かせている感じです。
Commented by gipsypapa at 2017-07-22 09:07
j-garden-hirasato さん
ははは、
確かに長野市は
開智学校やあがたの森公園のような
市が力を入れている文化遺産はなさそうですね。
ただ文化財の建物は
松本より多いかもしれませんよ。
自分もまだ見てないの沢山あります。
<< 松商学園高等学校本館 あがたの森文化会館(旧制松本高... >>