松本市の「あがたの森公園」


c0112559_07461121.jpg
松本市の二日目です。この日は、まず東部の学研都市である県(あがた)を訪れました。大正8年に植えられたヒマラヤスギの並木に囲まれた「あがたの森公園」。池を中心とした日本庭園や重要文化財の旧制松本高校の校舎がシンボルです。教育文化の歴史と香りを伝える公園で、松本市民の憩いの場となっています。

あがたの森公園
長野県松本市県3-2102-15
撮影 : 2016.7.12
c0112559_07464256.jpg
向こうに見えているのは旧制松本高校の本館裏側です。
c0112559_07471360.jpg
c0112559_07473429.jpg
c0112559_07475394.jpg
池のある日本庭園。
c0112559_07482816.jpg
洋風の庭園は公園の南側と、旧制松本高校の中庭にもあります。
c0112559_07492039.jpg
c0112559_07510437.jpg
c0112559_07513997.jpg
西側の公園入り口です。旧制松本高校の写真は次回から。

by gipsypapa | 2017-07-19 07:52 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/26824225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< あがたの森文化会館(旧制松本高... アルモニービアン(旧日本勧業銀... >>