アルモニービアン(旧日本勧業銀行松本支店)

c0112559_08200897.jpg
松本城に向かう大名町通りにある歴史的建造物。日本勧業銀行松本支店として建てられたもので、2003年に銀行統合のために閉鎖されて建物存続の危機がありましたが、市民など、2万人の署名活動や市民募金がおこなわれ、解体を免れたそうです。現在はアルモニービアン(HARMONIE BIEN)という、ホテル併設型のウェディング施設になっています。

建物は銀行らしい、重厚さのなかに華やかさを感じさせるデザインです。外壁は石張り風にし、先が尖った、独特な形状をしたアーチの開口部が正面に7連、側面と背面に各3連並んでいるのが特徴。長野県の近代建築の代表例の一つとされて、商業都市の松本を象徴する建物です。国の登録有形文化財の鉄筋コンクリート造り、3階建て、一部地下1階、塔屋付。

アルモニービアン
旧日本勧業銀行松本支店
1937(昭和12)年
登録有形文化財
設計 : 日本勧業銀行営繕課
施工 : 清水組
長野県松本市大手3-5-15
撮影 : 2016.7.12
c0112559_08210741.jpg
c0112559_08212158.jpg
このアーチが美しい。教会にありそうな形です。
c0112559_08215250.jpg
c0112559_08224363.jpg
c0112559_08230088.jpg
c0112559_08231139.jpg
側面は「じゃらんカメラ」というブログから借用しています。以下、内部写真は食べログから。
c0112559_08235101.jpg
c0112559_08240414.jpg
c0112559_08242285.jpg
c0112559_08244532.jpg

by gipsypapa | 2017-07-17 08:24 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/26819929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sy-f_ha-ys at 2017-07-17 20:14
昔、松本に行った時にこの建物を見た記憶がありますが、あまり印象に残りませんでした。
しかし改めて見ると、モダンと古典が融合したとてもお洒落な建築作品ですね。
以前は廃墟のような感じでしたが、素敵にリノベーションされていて、そちらも驚いています。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-07-19 06:46
こうして松本のレトロな建物を拝見していたら、
以前、松本のレトロ探しをしてから、
ずいぶん経ってしまったので、
また、フラフラしたくなってきました。
でも、季節は夏。
暑いだろうなあ…。
季節を選ぼう。
Commented by gipsypapa at 2017-07-19 07:59
sy-f_ha-ys さん、
そうですか。
解体の危機にあったのは本当なんですね。
今の姿からは想像できません。
中の様子もよさそうなので、
このまま使われて欲しいです。
Commented by gipsypapa at 2017-07-19 08:01
j-garden-hirasato さん
そうですね。
長野からは近いので、
また季節がよいときに
行ってみてください。
個人的には
好きになった町です。
<< 松本市の「あがたの森公園」 松本市の四柱神社 >>