松本市大手のレトロな建物

おもや平出酒店から松本城の南側を東へ進むと、大正時代か昭和初期を思わせる建物が並んで建っています。ネット情報では、いずれも近年にアーキディアックという会社が設計し、滝澤工務店が施工したそうです。古い建物を再生したのか、新設したのかは、よくわかりませんでした。撮影 : 2016.7.11

東もん磯村
c0112559_08425156.jpg
創業は明治30年。松本の名物『古瓦煎餅』で有名な菓子舗です。なまこ壁の店舗と純白の蔵が並んでいます。いずれも木造2階建て。

東もん磯村
築年 : 不明
設計 : アーキディアック
施工 : 滝澤工務店
長野県松本市大手4-10-16
c0112559_08440156.jpg
c0112559_08441655.jpg
磯村のロゴが見えます。

信濃毎日新聞松本専売所
c0112559_08452381.jpg
東隣は洋風建築のビルディングです。タイル張りの外壁に、縦長窓が白いテラコッタ風のモルタルで囲われたレトロな意匠です。鉄筋コンクリート造り3階建て。

信濃毎日新聞松本専売所
築年 : 不明
設計 : アーキディアック
施工 : 滝澤工務店
長野県松本市大手4-10-16
c0112559_08455523.jpg
c0112559_08460919.jpg
1階部分のガラス扉の模様もおしゃれ。
c0112559_08464218.jpg

by gipsypapa | 2017-07-13 08:46 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/26810328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-07-15 10:01
東もん磯村は、
古い建物の再生ではないでしょうか。
壁や瓦は新しいものにしていますが、
建物内の骨組みは、
古いままでしょうね。
Commented by gipsypapa at 2017-07-15 19:44
j-garden-hirasato さん、
確かに磯村は
一から新しく建てたわけは
ないでしょうね。
この通りの雰囲気を残そうという
活動がなされたような気がします。
<< 松本市のレストラン 鯛萬 松本市の「おもや平出酒店」&「... >>