松本市下町会館


c0112559_08314998.jpg
松本城の下町にある松本市下町会館は昭和初期に建てられた、旧青柳化粧品店が老朽化で、解体の危機にあったものを、曳家移転してファサード保存したものです。現在は市の「お城下町まちづくり推進協議会」によって管理運営されているそうです。

レンガ風のタイル張り外壁。最上部のパラペットには、特徴的なレリーフのロゴが組み込まれ、縦長の窓を規則的に並べるなど、当時流行の洋風建築です。鉄筋コンクリート造り、一部木造、3階建て。

松本市下町会館
旧青柳化粧品店
昭和初期
設計・施工 : 不明
長野県松本市大手4‐8‐11
撮影 : 2016.7.11
c0112559_08322337.jpg
c0112559_08323990.jpg
c0112559_08330267.jpg
側面にはレンガタイルはありません。
c0112559_08332074.jpg
1階は「まちづくり相談室」と喫茶スペース、2階は会議室、3階は推進協議会の事務所として利用されているそうです。
c0112559_08350807.jpg
c0112559_08391069.jpg
少ないですが食べログに内部写真がありました。↑↓
c0112559_08394899.jpg

by gipsypapa | 2017-07-07 08:39 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/26795617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-07-08 07:13
この建物、
曳家保存でしたか。
やるな、松本市。
Commented by gipsypapa at 2017-07-11 07:56
j-garden-hirasato さん
曳家って
言葉では何回も聞いたことはありますが
実際にどうやるのか
考えてしまいます。
<< 松本市の白鳥写真館 松本市の宮島医院 >>