松本神社

c0112559_08110754.jpg
松本城の北側にある松本神社。前身は縁結びおよび郷土発展の神として信仰を集めた暘谷(ようこく)大神社で、松本城主松平康長と松姫の子の虎松(孫六郎永兼)を祀る社でした。その後、いくつかの神社を合祀し、1953(昭和28)年に名称を松本神社と改めたとか。地元では「ごしゃ(五社)」と呼ばれているそうです。木造平屋建て。

松本神社本殿
1726(享保11)年
設計・施工 : 不明
長野県松本市丸の内10-37
撮影 : 2016.7.11
c0112559_08123288.jpg
c0112559_08124652.jpg
c0112559_08130475.jpg
c0112559_08132164.jpg
ウィキペディアにあった本殿と・・・
c0112559_08140765.jpg
鳥居の写真。後ろに松本城が見えています。

by gipsypapa | 2017-07-04 08:14 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/26788203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-07-06 06:27
ここも、
ちゃんと参拝したことはなかったですね。
Commented by gipsypapa at 2017-07-06 08:31
j-garden-hirasato さん、
たまたま次の目標への道すがらにありました。
小さな神社なので、
通り過ぎてしまいそうです。
<< 松本市の青木医院 松本旧開智学校 >>