尾道の千光寺山ロープウェイ

c0112559_07572473.jpg
2回目の尾道。前回行きそびれた千光寺(せんこうじ)とその周辺の寺社と細道を探索することにしました。千光寺山ロープウェイは、千光寺山(大宝山)を通る全長36メートル、高低差115メートルの尾道市営索道です。開業は1957(昭和32)年3月25日。尾道水道を眼下に望むのに最適なロケーションで、尾道観光の目玉になっています。

千光寺山ロープウェイ
1957(昭和32)年
設計・施工 : 東京索道
広島県尾道市東土堂町20-1
撮影 : 2017.2.14
c0112559_07584884.jpg
地上の乗り場は後に紹介する予定の艮神社(うしとらじんじゃ)の鳥居の横にあります。普通運賃は(片道)大人320円、小児160円。(往復)大人500円、小児250円です。
c0112559_07593376.jpg
キャビンの定員は30人。座席は少ししかなく、ほとんどは立って乗ります。
c0112559_08003972.jpg
割安なので往復チケットを購入しました。あとで、これが間違いだったことが判明します。ともあれ山麓駅を出発。
c0112559_08011717.jpg
尾道水道が見えてきました。
c0112559_08015323.jpg
あれっ、千光寺を通過してまだまだ上る。千光寺山ロープウェイという名前から終点が千光寺とばかり思っていたのに、間違いでした。千光寺の後ろに「山」がついていました。
c0112559_08024385.jpg
まだまだ上って・・・
c0112559_08031666.jpg
長いようでも約3分で山頂駅へ到着。
c0112559_08052344.jpg
c0112559_08055240.jpg
行きがかり上、景色を楽しむしかありません。こちらの円形の建物は山頂展望台。外観は撮影し忘れたのでネットの写真を借用しました。
c0112559_08071018.jpg
螺旋階段を上って屋上へ。1階にみやげ物店や飲食コーナーが、2階に展望レストランがありますが、パス。屋上に上るのは無料です。
c0112559_08075360.jpg
尾道水道が一望できます。東から西へ見ていきます。遠くに見えるのは新尾道大橋。
c0112559_08083922.jpg
向こう側はその名も向島(むかいしま)です。造船所が見えています。
c0112559_08092375.jpg
c0112559_08094955.jpg
行き過ぎたのは仕方ない。千光寺に向かって山を徒歩で下りることにしました。大きな岩の間を通ってひたすら下ります。
c0112559_08105910.jpg
途中で上ってくる二人連れすれ違ったときに聞くと、その人たちは歩いて上って、帰りはロープウェイにするとかで、帰りの切符を差し上げることに。捨てるのは忍びないので良かったです。
c0112559_08113530.jpg
かなり下って、ようやく千光寺へたどり着きました。千光寺は次回に。ネットの写真を二つ。 ↓↓
c0112559_08121510.jpg
c0112559_08123969.jpg

by gipsypapa | 2017-05-27 08:12 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/26692207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-05-29 06:00
こういう町場のロープーウェイ、
昭和っぽいですね。
そこが魅力的ですけど。
Commented by gipsypapa at 2017-05-29 10:22
j-garden-hirasato さん
そうですね。
各地にありますが
あまり乗ったことはありません。
今回は山の上の方にお目当てがありました。
ロープウェイ自体もよかったですよ。
<< 大宝山 千光寺 尾道の島居邸洋館  >>