尾道の吉源酒造場

c0112559_08475091.jpg
JR尾道駅の山側にある尾道ガウディハウスを見に行く途中でみつけた、西国街道の細道沿いにある吉源(よしげん)酒造場。創業は1854(安政元)年だそうです。HPによると、清酒「寿齢」は戦後当時の当主が長命であり、それにあやかり、以後長寿を祝うと言う意味で使用するようになったとか。土蔵造りの蔵と隣接する木造の店舗、ともに2階建てでかなり古いと思いますが、詳細はわかりませんでした。

吉源酒造場
詳細 : 不明
広島県尾道市三軒家町14−6
撮影 : 2016.3.1
c0112559_08490109.jpg
歴史を感じる蔵。吉源は吉田源右衛門のことだとか。創業者でしょうね。
c0112559_08494916.jpg
隣は昔は店舗だったと思わせる造りですが、今は製品倉庫として使われているみたいです。
c0112559_08513540.jpg
よく見みると戸口の上部に寿齢の酒瓶がずらっと埋め込まれています。
c0112559_08582126.jpg
左から5本目が歯抜けです。落ちてしまったみたい。
c0112559_08524808.jpg
「寿齢」のこもかぶりの一斗樽。
c0112559_08541839.jpg

by gipsypapa | 2017-05-24 08:54 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/26684752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-05-25 06:42
今も伝統が守られているのですね。
「長生自得」ですか。
ほどほどにしないとなあ…。
Commented by gipsypapa at 2017-05-25 11:52
j-garden-hirasato さん
ほどほどとは?
個人差がありそうですね。
私もほどほどに。
<< 尾道市文学記念室(旧福井邸) 坂の町 尾道 >>