おのみち映画資料館

c0112559_08122737.jpg
中浜通りに出ました。明治時代に倉庫として利用されていた藏を改装した「おのみち映画資料館」があります。「映画のまち・尾道」で撮影された小津安二郎監督「東京物語」や、広島県出身の新藤兼人監督らの資料、日活の古き良き時代の映画ポスターなどが展示されています。木造土蔵造り、2階建て。

おのみち映画資料館
明治期
設計・施工 : 不明
広島県尾道市久保1-14-10
撮影 : 2016.3.1
c0112559_08125723.jpg
入り口にある古い映写機は、映画館で実際に使われていたたものです。
c0112559_08140979.jpg
かなり奥が深い蔵で南北ワンブロックを占めています。
c0112559_08142201.jpg
中には入らなかったので、以下 ↓ は「おのみち映画資料館」のHPにある写真を借用しています。
c0112559_08161300.jpg
ロビー。入場料は500円だそうです。
c0112559_08163752.jpg
ロケ地巡りのパネル。
c0112559_08172226.jpg
小津コーナー。
c0112559_08175247.jpg
↑ おまけ。北側の道路に並んで建っている「タイム・トンネル」。バーか倶楽部でしょうか。

by gipsypapa | 2017-05-18 08:18 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/26669139
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by misaodosu at 2017-05-18 12:04
こんにちは!
ご無沙汰しております  メレル先生つながりでご縁をいただいた操でございます
またこちらで巡り会えました
お元気そうで何よりでございます 
またお尋ねしたいので勝手で申し訳ありませんがお気に入り登録させていただきました

4月に京都に出かけた際「東華菜館」をまじまじ拝見してきました
旅するたびにヴォ―リス設計物を気にかけたり武家屋敷や豪商の屋敷を訪ねるのが好きです

またお尋ねします よろしくお願いします
Commented by j-garden-hirasato at 2017-05-19 06:15
小津安二郎監督の「東京物語」、
尾道で撮影されたのですか。
知りませんでした。
でも、かなりマニアックな人でないと、
入らないでしょうか。
「タイム・トンネル」
昭和っぽいネーミングですね。
Commented by gipsypapa at 2017-05-19 16:56
misaodosu さん
お久しぶりです。
東華菜館はいかがでしたか。
私はヴォーリズの建物を
ほとんど見てしまったので
「ヴォーリズを訪ねて」のブログは
実質上休止状態です。
とはいえ、他の古い建物めぐりは続けています。
またここにも来てください。
Commented by gipsypapa at 2017-05-19 17:03
j-garden-hirasato さん
小津安二郎監督の「東京物語」が
尾道で撮影されたというのは
ネットで知ったわけで。
よっぽどの日本映画好き
それも古い邦画通じゃないと
有料なので
入ってみようと思わないかも。
でも、このブログを見て
行く人がいれば
少しは貢献できるかも知れません。(笑)
<< 尾道の「かき左右衛門」 おのみち歴史博物館 >>