再び修善寺温泉へ

湯ヶ島温泉の次の日は修善寺温泉でした。もともと修善寺まで電車で来てからバスで湯ヶ島温泉に行ったので、その逆コースで修善寺に戻ったわけです。修善寺温泉は中心部を流れる桂川沿いに多くの旅館やホテルが並んでいます。前回に紹介したスポットと重複します。
撮影 : 2016.2.2
c0112559_08154473.jpg
伊豆半島は各地で干物が名物。海岸沿いの道端に魚を干す風景がいたるところで見るのですが、修善寺は内陸。
c0112559_08144464.jpg
土産物としては売っていますが、実際に干している風景は珍しいです。


独鈷の湯
c0112559_09032116.jpg
ほぼ中心部にある独鈷(どっこ)の湯は弘法大師、空海が桂川で病父を洗う少年を見て心うたれ、独鈷杵(仏具)で川の岩を打ち霊湯を湧出させ、父子に温泉療法を伝授したという言い伝えがあり、修善寺温泉発祥の湯です。桂川の河原にある足湯でしたが、現在は使えないようです。

独鈷の湯
静岡県伊豆市修善寺838−1

竹林の小径
c0112559_08175449.jpg
温泉街の中心部を流れる桂川に沿う遊歩道。 独鈷の湯から続く小経を歩いていくと、茶処や昔懐かしい火の見櫓が散策する人々の目を楽しませ、竹林の中央では大きな竹製の円形ベンチで風を感じることが出来ます。

竹林の小径
静岡県伊豆市修善寺3463−1
c0112559_08182752.jpg
c0112559_08184633.jpg

湯回廊 菊屋
c0112559_08201819.jpg
妻が菊屋の食事がお気に入りなので、今回もここに1泊です。前回に多くの写真をアップしていますので、今回は少しだけ。

湯回廊 菊屋
明治以降~昭和期
設計・施工 : 不明
静岡県伊豆市修善寺874-1
c0112559_08212403.jpg
c0112559_08214271.jpg
c0112559_08215528.jpg
c0112559_08220866.jpg

新井旅館
c0112559_08232244.jpg
前回も紹介した新井旅館は何も変わっていないようです。

新井旅館
1881(明治14)年 ~ 1943(昭和18)年
登録有形文化財
静岡県伊豆市修善寺970
c0112559_08235672.jpg
c0112559_08241287.jpg
c0112559_08243332.jpg

福地山 修禅寺
c0112559_08255214.jpg
町の名前になっている修善寺は弘法大師に依って開創されました。現在は曹洞宗で、多くの禅僧を輩出し手いるそうです。文久3年(1863年)に伽藍や宝物の多くを焼失、明治13年から同20年にかけて本堂などを再建とか。

福地山 修禅寺
1887(明治20)年
設計・施工 : 不明
静岡県伊豆市修禅寺 964
c0112559_08262470.jpg
c0112559_08263752.jpg
c0112559_08265306.jpg
c0112559_08271059.jpg
c0112559_08272819.jpg
c0112559_08274140.jpg
2月の初め。梅が咲き始めていました。


日枝神社
c0112559_08293780.jpg
修禅寺の隣にある日枝神社(ひえじんじゃ)。根周り5.5m、高さ25mという「一位樫」などの巨木が見所です。

日枝神社
詳細 : 不明
静岡県伊豆市修善寺
c0112559_08300835.jpg
c0112559_08302491.jpg
c0112559_08305865.jpg
根元が一つになっている樹齢800年の「子宝の杉」。
c0112559_08315994.jpg
伊豆では珍しい樹木として県の天然記念物になっています。
c0112559_08323166.jpg

修善寺ハリストス正教会顕栄聖堂
c0112559_08334658.jpg
温泉街から東に少し外れた位置にある教会へ再び。

修善寺ハリストス正教会顕栄聖堂
1912(大正元)年
静岡県指定有形文化財
設計 : 河村伊蔵
施工 : 不明
静岡県伊豆市修善寺861
c0112559_08351481.jpg

修善寺の十割そば屋台 さくだ
c0112559_08370205.jpg
着いた日のお昼はここでした。伊豆の修善寺は山の中にある温泉地なので、海鮮系の店は少なめで、蕎麦の店が多いです。お昼なので蕎麦で軽く済ませたいのですが、一概に値段が高いと思っていました。そのとき見つけたのが「さくだ」です。2年前にはなかったお店です。ワンコインにひかれて中へ。

屋台さくだ
静岡県伊豆市修善寺3458-22
c0112559_08441337.jpg
タイミングよく席が空いていました。
c0112559_08442947.jpg
塩と本わさびで食べるこだわりの十割そば「屋台さくだ」
c0112559_08444857.jpg
色々種類がありますが、店主お任せコースも500円です。
c0112559_08481665.jpg
すべて十割そばです。
c0112559_08483196.jpg

c0112559_08484672.jpg
待つ間に自分ですり下ろすワサビが絶品です。
c0112559_08525658.jpg
地のりの蕎麦、これも海苔の風味と蕎麦つゆが絡み合って美味しかったです。ちなみに「あおさ」は知っていましたが「地のり」というのは初めてでした。修善寺温泉でお勧めのお店です。席の数が少ないので、多少の行列は覚悟する必要がありそう。

by gipsypapa | 2017-04-26 08:53 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/26614675
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-04-28 06:33
こういう干し方は、
初めて見ました。
伊豆は、
やはり魅力的な場所ですねえ。
ゆっくり巡りたくなりました。
Commented by gipsypapa at 2017-04-28 11:46
j-garden-hirasato さん
干物は平たく並べるのが一般的ですかね。
知床では機械につるして
回転しているのがありました。
自然乾燥で早く乾くのでしょう。
伊豆半島は
ご実家から近いでしょうから
そのうちいかがですか?
<< JR三島駅 天城湯道 >>