車窓から見た五島列島の教会


c0112559_08090997.jpg
五島列島へのキリスト教伝来は、フランシスコ・ザビエルから17年後(1566年)といわれています。近代的な教会が建てられたのは明治初期からですが、歴史的にキリスト教の信仰が厚いところであり、現在も多くの教会があります。↑の写真は「五島の島たび」というHPから借用しました。
c0112559_08082373.jpg
北部、中通島(上五島)周辺。
c0112559_08102032.jpg
南部、福江島(下五島)周辺。

これまで下車して見た教会が、いかに本の一部であるかがわかります。気持ちとしては、少なくとも歴史のある教会は全部見たいのですが、ツアーなので、行きたいところはバス任せです。いくつかの教会はバスの中から眺めるだけで通過しました。そのいくつかをネット写真を借用しながら紹介します。これ以上見たければ、個人的に訪ねるしかありませんが、どう見ても不便そうです。

カトリック水の浦教会
c0112559_08113588.jpg
福江島(下五島)にあるカトリック水の浦教会。ここは鉄川与助の作品なので、下車して見たかった教会です。現存する我が国の木造教会堂としては最大規模のもので、設計者鉄川与助にとってリヴ・ヴォールト天井の教会堂の最後の遺構です。横板張り、重層屋根構成瓦葺きの建物で、会堂内部は三廊式の比較的安定感のある印象です。木造平屋建て。

カトリック水の浦教会
1938(昭和13)年
設計・施工 : 鉄川与助
長崎県五島市 岐宿町岐宿1644
撮影 : 2015.11.3
c0112559_08124767.jpg
c0112559_08130935.jpg
バスから見えるのはここまでがやっとです。以下の写真はネットから借用しました。
c0112559_08141851.jpg
c0112559_08144538.jpg
c0112559_08151002.jpg
c0112559_08153757.jpg
c0112559_08155326.jpg
c0112559_08160829.jpg

カトリック跡次教会
c0112559_08214147.jpg
国道からすぐの山手の緑のに映える白い外壁が美しい教会。創建は1914(大正3)年と古い教会ですが、現在の聖堂は最近建替えられたものです。鉄筋コンクリート造り、平屋建て。

カトリック跡次教会
1984(昭和59)年
設計・施工 : 不明
長崎県南松浦郡新上五島町跡次
撮影 : 2015.11.3
c0112559_08221026.jpg
c0112559_08223572.jpg
以下はネットから。
c0112559_08230751.jpg
c0112559_08231955.jpg

カトリック冷水教会
c0112559_08242672.jpg
冷水(ひやみず)教会は明治時代に建てられた素朴な木造で、丸尾郷出身の鉄川与助(てるかわ よすけ)が棟梁となって初めて手掛けた教会。内部構造は三廊式のリブ・ヴォールト(こうもり)天井です。木造平屋建て。

カトリック冷水教会
1907(明治40)年
設計・施工 : 鉄川与助
長崎県南松浦郡新上五島町網上郷623-2
撮影 : 2015.11.3
c0112559_08250010.jpg
遠景だし、バスも止まらず通過して今いました。以下はネットにあった写真です。
c0112559_08260248.jpg
c0112559_08261628.jpg
c0112559_08263685.jpg
c0112559_08265180.jpg
c0112559_08270957.jpg
c0112559_08272420.jpg
c0112559_08274046.jpg

c0112559_08275484.jpg


by gipsypapa | 2017-04-12 08:28 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/26577076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-04-13 06:18
五島列島だけで、
こんなに教会があるのですか。
一般人では、
とても巡りきれませんね。
Commented by gipsypapa at 2017-04-13 10:15
j-garden-hirasato さん
まだ
いくつか見たい教会があるのですが
個人で行くのは難しいです。
レンタカーで回るくらいしかありませんが
狭い山道が多く
すれ違いも困難な道もあり
自信がありません。
<< 五島列島観光ツアーの訪問地 頭ヶ島天主堂 >>