大瀬崎灯台展望所

c0112559_08390024.jpg
二日目は下五島を観光スポットやお目当ての教会を訪ねながら北上しました。大瀬崎灯台展望所は「九州本土で最後に夕陽が沈むところ」、九州本土最西端に位置し、東シナ海に面しています。ここには展望台と展望デッキがあり、美しい海を眼下に望むことができます。
c0112559_08393431.jpg
大瀬埼灯台
c0112559_08404381.jpg
大瀬崎の断崖に建てられた灯台です。『日本の灯台50選』の一つになっています。断崖の標高80m地点に岩石を切り落として基盤として建てられています。現在は灯塔がコンクリート造りに建替えられていますが、元の灯塔は明治初期にR・プラトンが設計したといわれています。

大瀬埼灯台
1879(明治12)年 / 1961(昭和46)年灯塔建替(コンクリート造)
設計 : R・プラトン(旧灯台)
施工 : 不明長崎県五島市玉之浦町玉之浦
撮影 : 2015.11.3
c0112559_08412932.jpg
c0112559_08415845.jpg
c0112559_08421381.jpg
c0112559_08422763.jpg
c0112559_08424538.jpg

by gipsypapa | 2017-04-05 08:42 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/26557818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2017-04-06 08:42
タイトル : 美しい湖と山と自然の宝庫
ザンクト・ヴォルフガングSt. Wolfgang im Salzkammergut ザルツカンマーグート(Salzkammergut)は、ザルツブルク市の東方に位置するオーストリア屈指の景勝地です。ザルツカンマーグートは美しい景色が続く湖水地帯です。ザルツカンマーグートという地名は、「塩の御料地」を意味していて、この辺りでは古くから岩塩が採掘されました。塩は「白い黄金」と呼ばれ、オーストリアを統治したハプスブルク家に莫大な富をもたらしました。ザンクト・ヴォルフガングは、ヴォルフガング湖畔の町で、シャ...... more
Commented by j-garden-hirasato at 2017-04-07 06:21
灯台って、
何か魅力的ですね。
一人で黙々と仕事をしている、
そんな姿がイメージされるからでしょうか。
Commented by gipsypapa at 2017-04-07 09:24
j-garden-hirasato さん
明治初期に建造された灯台は
総じて退息所という住宅が併設されています。
昔は、メンテのための燈台守がいて
住み込んだり、
定期的に滞在したりしたんですね。
この灯台もそうですが、
大正から昭和の灯台にはありません。
技術的に頻繁な保守作業が
不要になったのでしょう。
今は灯台自体が
一人で黙々と仕事をしています。
<< 井持浦教会とルルド 五島列島ツアー >>