鉄のまち室蘭

室蘭は鉄鋼業を中心に造船や石油精製など北海道工業地域として発展した工業都市です。現在も新日鐵住金や日本製鋼所の企業城下町で、「鉄のまち室蘭」といわれています。

日本製鋼所室蘭製作所
c0112559_09152118.jpg
工場の中には古い工場群があるそうですが、もちろんは入れません。

日本製鋼所室蘭製作所
北海道室蘭市茶津町4
撮影 : 2015.8.22

日本製鋼所室蘭製作所「瑞泉閣」
c0112559_09163923.jpg
明治末期に大正天皇が皇太子時代に北海道行啓の際に日本製鋼所室蘭製作所を御視察の宿泊所として建てられた「瑞泉閣」があるというので訪ねました。残念ながら一般公開はされていませんでした。

日本製鋼所室蘭製作所「瑞泉閣」
旧日本製鋼所瑞泉閣
1911(明治44)年
設計 : 大倉喜八郎
施工 : 大倉組
北海道室蘭市茶津町12
c0112559_09171249.jpg
坂を上ったら門がありました。「瑞泉閣」の表札以外に何もなく、門が大きく開いていたので、入ってみました。
c0112559_09190933.jpg
公園のような雰囲気。案内板もあり、これなら内部は無理でも建物の外観くらいは見れるかも。
c0112559_09201301.jpg
だめでした。向こうから来た車に乗った人から、ここは公開していないといわれて、Uターン。残念。仕方ないです。

新日鐵住金室蘭製鐵所
c0112559_09221989.jpg
もう一つの製鉄所です。

新日鐵住金室蘭製鐵所
北海道室蘭市仲町12

北辰商店連合会
c0112559_09252308.jpg
海岸通から一つ山側の道を散策。今はなき建物の絵がいくつか道の脇に展示されていました。北辰商店連合会が作ったものみたいです。室蘭市山手町付近
c0112559_09283716.jpg
c0112559_09290641.jpg
c0112559_09292089.jpg
港の文学館
c0112559_09311127.jpg
レンガ造りのよさそうな建物を見つけました。近づいたらすぐに新しく建てられたものとわかりましたが、一応入ってみました。さまざまな室蘭に関係する文学関連の展示がされていました。

港の文学館
1988(昭和63)年
北海道室蘭市海岸町1-1-9
c0112559_09315129.jpg
c0112559_09320802.jpg
c0112559_09322281.jpg
c0112559_09323657.jpg
c0112559_09324820.jpg
c0112559_09330252.jpg
味の大王 室蘭本店
c0112559_09355632.jpg
この日のお昼は観光案内書にあった室蘭名物のラーメンにしました。味の大王(あじのだいおう)は、北海道室蘭市と苫小牧市に本拠を置くラーメンチェーン店。カレーラーメンが名物で、室蘭カレーラーメン発祥の店だそうです。

味の大王 室蘭本店
北海道室蘭市中央町2丁目9-3
撮影 : 2015.8.22
c0112559_09362943.jpg
人気店です。ほぼ満席でしたが幸運にも手前の席が一つ開いていました。
c0112559_09373518.jpg
カレーラーメン以外も普通にあります。
c0112559_09380885.jpg
これが名物カレーラーメン。私はカレーうどんも食べたことがないし、回避して味噌ラーメンにしました。カレーうどんは大阪でもポピュラーですが、食べないのは単に食わず嫌いです。家族が食べましたが、昨日味の感想を聞きましたが、忘れたそうです。(笑)
c0112559_09394242.jpg
ネット写真です。これくらいの行列は普通でしょうか。私たちが店を出たときには店の外に4人待っていました。
この後、登別温泉を経由してホテルへ向かいます。

by gipsypapa | 2017-03-28 09:40 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/26536972
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-03-29 06:41
自分も食わず嫌いの傾向があるので、
名物でも食べないでしょうね。
札幌のカレースープも、
たぶんダメです。
カレーはカレーで食べたいです。
Commented by gipsypapa at 2017-03-29 08:19
j-garden-hirasato さん
そうそう。
カレーはライスか
ナンですくって食べるしか知りません。
<< 登別温泉を散策 室蘭の近代建築を歩く >>