旧室蘭駅者(室蘭観光協会観光インフォーメーションセンター)

c0112559_08273374.jpg
室蘭本線の終着駅として建てられた3代目旧室蘭駅舎。現存する北海道最古の木造建築駅舎で、平成9年まで国鉄、JRの現役駅舎として運営を続けてましたが、駅移転に伴い室蘭市に運営する室蘭観光協会の観光案内所になっています。

煙突のある比較的に規模の大きい駅舎です。和洋折衷の外観で、細部の意匠は洋風。軒下の持ち送り,屋根上のドーマー窓,方杖をもったアーケードの軒支柱や1階の縦長の窓などが特徴です。国の登録有形文化財の木造2階建て。

室蘭観光協会観光インフォーメーションセンター
旧室蘭駅舎
1912(大正元)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
北海道室蘭市海岸町1-5-1
撮影 : 2015.8.22
c0112559_08281259.jpg
駅舎というより、最近の道の駅のような外観です。
c0112559_08284207.jpg
煙突とドーマー窓。
c0112559_08291249.jpg
c0112559_08292587.jpg
c0112559_08293888.jpg
この辺は駅らしさを感じます。
c0112559_08305447.jpg
c0112559_08310906.jpg
内部はだだっ広く、展示物はそんなにありません。
c0112559_08313884.jpg
c0112559_08315498.jpg
c0112559_08320855.jpg
少し鉄道関係の展示品。もちろん室蘭やその周辺のパンフレットは色々ありました。
c0112559_08330706.jpg
c0112559_08332996.jpg
タブレット閉そく機というそうです。ウィキペディアではタブレット閉塞式は、両側の駅に複数の通票(タブレット)を納めたタブレット閉塞機を設置し、閉塞機から通票を取出して閉塞を行う方式である。閉塞(へいそく、 block system)とは、鉄道または軌道における衝突を防ぐための信号保安システムのことで、線路を一定区間(閉塞区間)に区切り、1つの閉塞区間には同時に2つ以上の列車が入らない(入れない)ようにする保安システムのことだそうです。
c0112559_08350426.jpg
これもウィキペディアにあるタブレットです。そういえば子供のころ見たことがあります。
c0112559_08364192.jpg

裏側はかなり広い無料駐車場です。旅行で室蘭に車で来るときはここを目指すのを勧めます。
c0112559_08371521.jpg
私たちもここに車を置いて市内を散策しました。

by gipsypapa | 2017-03-23 08:37 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/26523770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-03-24 06:37
室蘭駅って、
こんなに立派だったのですね。
こういう駅を抱えながらも廃線しなくてはならないとは、
国鉄の民営化って、
なんだったんだろうと思います。
地方の切り捨てですよね。
Commented by gipsypapa at 2017-03-24 08:07
j-garden-hirasato さん
私の文章がよくなかったかもしれません。
廃線になったわけではなく、
室蘭駅が繁華街に近い南側に
新しく建てられたのでした。
<< 室港サービス(旧北海道炭礦汽船... 2015年北海道旅行 >>