やぶき漆器店

c0112559_08525045.jpg
倉吉の町家が並ぶ東仲町の通り、「ぎゃらりい和」の数軒離れた西側に3階建てのレトロな建物があります。創業は古く明治43年。ギフト商品や各種贈答品を販売している「やぶき漆器店」です。昭和初期に建てられた貴重な木造3階建て。

やぶき漆器店
1931(昭和6)年
設計・施工 : 不明
鳥取県倉吉市東仲町2585
撮影 : 2015.4.29
c0112559_08532821.jpg
倉吉では珍しい木造3階建て。
c0112559_08543403.jpg
c0112559_08550170.jpg
c0112559_08552776.jpg
福の神「さすり大黒さん」があります。「さする(擦る)」は手のひらなどでからだや物の表面を、くりかえし軽くこすることです。さすりたいけど、ちょっと店先から遠いです。
c0112559_08584756.jpg
その2軒東隣に本店があります。創業当時のままとすれば、1910(明治43)年の築です。

矢吹本店
鳥取県倉吉市東仲町2590

by gipsypapa | 2017-03-10 08:59 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/26489153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-03-11 06:51
和建築で三階建て、
さらに明治期の築ですか。
窓枠も木です。
よく残っていましたね。
Commented by gipsypapa at 2017-03-11 11:29
j-garden-hirasato さん
倉吉は古い建物を大事に使い続けていますね。
明治の建物も多いです。
3階建ては貴重です。

<< 倉吉 赤瓦の建物 赤瓦こどもの館、笑顔のある館(... >>