白壁倶楽部(赤瓦十三号館)

c0112559_09104897.jpg
倉吉でのお目当ての一つです。旧街道「倉吉往来」の四つ角にある明治後期に建てられた土蔵造りの疑洋風建築。第三銀行の倉吉支店ととして建造されたのち、いくつかの金融機関を経て,協同組合倉吉大店会の事務所として使われていました。現在は「レストラン&カフェ 白壁倶楽部」として観光客でにぎわっています。

1905(明治38)年に倉吉支店のある魚町一帯が火災により消失したため不燃構造の土蔵造りに立て替えられました。壁と軒裏は漆喰塗り、腰は石張り、1階の窓には銀行らしく鉄格子がはめられています。赤瓦十三号館になっている、国の登録有形文化財の木造土蔵造り2階建て。

白壁倶楽部(赤瓦十三号館)
旧第三銀行倉吉支店
1908(明治41)年
登録有形文化財
設計・施工 : 山田幸一(大工)
鳥取県倉吉市魚町2540-1
撮影 : 2015.4.29
c0112559_09112078.jpg
c0112559_09113808.jpg
c0112559_09115307.jpg
c0112559_09120929.jpg
外観は和風ですが、中に入るとやっぱり元銀行。
c0112559_09123734.jpg
吹き抜けに周囲を回廊が取り囲んでいます。支店長が時々出てきて、店内を視察するところですね。
c0112559_09130389.jpg
c0112559_09132385.jpg
1階がレストラン&カフェです。
c0112559_09135787.jpg
c0112559_09141232.jpg
c0112559_09142876.jpg
2階も案内してくれました。元支店長室らしい部屋と・・・
c0112559_09150335.jpg
会議室。ここは貸切で食事ができるのかな。
c0112559_09154782.jpg
c0112559_09160500.jpg
天井の真ん中にはレリーフがある天井飾り。メダリオンと呼ばれるシャンデリアを吊り下げる部分です。
c0112559_09181825.jpg
c0112559_09184341.jpg
c0112559_09190119.jpg
c0112559_09191800.jpg
c0112559_09193648.jpg
このときは開店直前の準備中でしたが、快く見学させてもらえました。ありがとうございました。


by gipsypapa | 2017-02-20 09:19 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/26440416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-02-21 19:31
訪れたのはプライベートではなかったので、
当時は時間に追われ、
思うようには撮れませんでした。
素敵な建物だったんですね。

Commented by gipsypapa at 2017-02-22 09:28
j-garden-hirasato さん、
出張だったのですね。
似たような経験はよくあります。
近くに見たいところがあっても
自由になりません。
仕方ないですね。
<< 元帥酒造本店(赤瓦七号館) 赤瓦一号館 >>