音羽山荘

c0112559_8312462.jpg
滝道沿い明治の森、緑一杯の美しい景観に囲まれたロケーションに音羽山荘があります。大正末期に企業の保養施設として建てられた邸宅でした。門の両側にある変化に富んだ外観の2棟が崖を這うような形の回廊で結ばれた見事な建物です。

現在は宿泊できる料理店、いわゆる料理旅館になっています。外観を見る限り、文化財指定を受けていないのが不思議なくらい美しい木造2階建て。

音羽山荘
1926(大正15)年
設計・施工 : 不明
箕面市箕面公園1−3
撮影 : 2016.10.11 & 2017.1.16
c0112559_8325090.jpg

c0112559_834215.jpg
食事のメニューがあります。ちょっと高いけど、これだけの高い格式なので、仕方ないかな。
c0112559_8344683.jpg
ちなみに宿泊は2食付で一人2万円ちょっとなので、ある意味このクラスでは普通です。
c0112559_8353964.jpg
c0112559_8355413.jpg
c0112559_8362640.jpg
c0112559_8364867.jpg
c0112559_837255.jpg
c0112559_8371490.jpg
以上は昨年10月の写真。以下は今年です。
c0112559_8375472.jpg
c0112559_8381217.jpg
c0112559_838299.jpg
一部は石垣の上に建っています。箕面川の石を使っているのでしょうか。この後に出てくる瀧安寺にも同じような石垣があります。
c0112559_839763.jpg
↓↓は音羽山荘のHPの写真です。
c0112559_8395320.jpg
c0112559_840583.jpg
c0112559_840163.jpg
c0112559_8403285.jpg
c0112559_8404558.jpg

by gipsypapa | 2017-01-31 08:42 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/26365254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-02-02 06:31
申請すれば、
登録文化財には十分なれますね。
でも、
手続きが面倒だから、
やらないんでしょうね。
Commented by gipsypapa at 2017-02-02 08:20
j-garden-hirasato さん、
う~ん、確かに。
現実的なメリットはほとんどないようです。
有形文化財は固定資産税の優遇くらいだとか。
実際は古いものは
資産税が安くなってます。
ただ、PR効果はあるはずです。
個人的に文化財の宿には興味があるし、
よく使いますので。
<< 箕面の「梅屋敷」休憩所 箕面の橋本亭 >>