箕面観光ホテル 別館「桂」

c0112559_862020.jpg

箕面観光ホテルのバイキングレストランから屋外につながる廊下の先には、別館「桂」があります。明治の中頃に政財界人たちにより関西政財界人倶楽部として建てられ、「松風閣」と呼ばれ、茶会や名士たちの会議の場として利用されました。

建物の土台は斜面を生かした清水の舞台のような木組になっているとか。建物全体の造りは桃山時代を意識した瀟洒な数寄屋造りです。茶室が3部屋あるそうです。見学できる3階大広間は北山杉を使った高級感あふれる空間でした。

設計は志方勢七(しかた せいしち1860-1921)。関西政財界人倶楽部の会員で日本綿花社長でありながら建築マニアだったそうですが、初めて聞いた名前です。施工は大林組。木造3階建て。

箕面観光ホテル 別館「桂」
元桂公爵別邸(旧松風閣)
明治中期
設計 : 志方勢七
施工 : 大林組
箕面市温泉町1-1
撮影 : 2016.10.12 & 2017.1.16/17
c0112559_87456.jpg
c0112559_872950.jpg
c0112559_874449.jpg
c0112559_88797.jpg
左にバイキングレストランが見えます。
c0112559_892443.jpg
レストランからガラス越しに見えます。
c0112559_8102355.jpg
c0112559_8103914.jpg
チェックインのときにフロントで見学をお願いしていたら、夕食のときに案内してくれました。廊下を渡ると3階部分に行けます。
c0112559_8114216.jpg
c0112559_8115894.jpg
大広間へ。今の『別館桂』の名は、元公爵で首相も務めた桂太郎がしばしば愛妾「お鯉さん」を連れて泊ったことから、お遊びで「桂公爵別邸」と呼ばれるようになったとか。いわゆる通称で、桂太郎自身の別邸ではなかったわけです。
c0112559_8125146.jpg
ちなみに桂太郎は歴代首相在任日数のランキング第1位です。安部首相が抜くには、後100日近くかかるようです。
c0112559_8131074.jpg
c0112559_813248.jpg
美しい床の間と違い棚。
c0112559_814357.jpg
c0112559_8142482.jpg
c0112559_8144455.jpg
c0112559_8145691.jpg
c0112559_815969.jpg
襖の引き手は箕面なので紅葉。お洒落です。
c0112559_8154575.jpg
c0112559_8161992.jpg
大きな窓は昔のままの波打ちガラス。
c0112559_8174376.jpg
c0112559_818882.jpg
c0112559_8182248.jpg
欄間の一枚板の透かし彫り。
c0112559_8192987.jpg
c0112559_8194587.jpg
3階以外は現在使用されていないので、見ることができません。この下層階に居室や茶室はあるはずです。
c0112559_8222851.jpg
遠景。左側の大広間がある部分は4階建てのように見えますが、ネット情報では3階建てなのです。記事は情報を尊重して、最上階を3階としました。昔は出入りしたはずの1階の玄関はどこにあるのか?
by gipsypapa | 2017-01-26 08:29 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/26350973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 3740s at 2017-01-26 16:36
こんにちは

見事な純日本建築
メンテナンスが大変でしょうが・・・・・。

大事にそして優しくしたい建物ですね。
Commented by gipsypapa at 2017-01-27 08:34
3740s さん、
ご無沙汰してしまいました。
そういえばリフォームのお仕事でしたね。
またよろしくお願いします。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-01-28 07:08
確かに、
4階建てに見えます。
純和風の素晴らしい建物ですが、
何か不思議な造りですね。
Commented by gipsypapa at 2017-01-28 08:01
j-garden-hirasato さん、
そう見えますよね。
こんな斜面によく建てたなあと感心します。
上質な和風建築でした。
<< 箕面滝道 箕面観光ホテル(箕面スパーガーデン) >>