飛騨萩原の天領酒造

c0112559_962655.jpg
 歴史のある酒造所を見学しに飛騨萩原まで足をのばしました。天領酒造株式会社は、1680年(延宝8年)創業 の蔵元です。「天禄拝領」や「天のしずく」など、各種の大吟醸酒に加え、最近は麦・米・蕎麦の3種類の焼酎「天真」も製造・販売しています。

天領酒造
詳細不明
岐阜県下呂市萩原町萩原1289−1
撮影 : 2015.1.31
c0112559_971688.jpg
c0112559_972864.jpg
 店舗はかなり古そうですが、逐年はわかりませんでした。
c0112559_975838.jpg
 帳場のような部屋の前をぬけて奥にある工場へ。
c0112559_983537.jpg
c0112559_984518.jpg
 工場見学と試飲を楽しんだわけですが、興味を引いたのはこの機械。
c0112559_99175.jpg
 NEW SUPER CARBON FILTER と刻印されています。活性炭で吸着ろ過して不純物の除去と消臭をするんしょう。今の酒造りはこういう新しい技術が使われているわけです。

しばらく酒談義です。

 日本酒がおいしくなったと感じるようになったのは、30年以上前からでしょうね。吟醸酒が出回るようになってからです。出始めは値段が高かったけど、最近は買いやすくなってきました。精米技術に加えてこういう技術革新が行われてきたのですね。

 それ以前は自分が若くてお金がなかったからでもありますが、安酒しか飲めませんでした。清酒といわれるもので、昔の安い酒には醸造用アルコールが多く混ぜられていました。そんな酒は飲みすぎると悪酔いするし、味もすっぱい感じで、まがりなりにも上品といえる代物ではなかったですね。悪酔いやすっぱい味は醸造用アルコールのせいではないでしょうから、酒自体が工場での速成が多く、洗練されていなかったためでしょう。

 今は吟醸、大吟醸から純米酒など多彩で、仕込み方法も山廃仕込み(やまはいじこみ)などバリエーションが豊富で、ずいぶんイメージがよくなりました。大企業以外にも地酒を造る地方の蔵元も活性化しているのは、いいことです。海外進出しているところもあるようで、日本酒が世界にも広がりそうです。

 私は家ではウィスキー派です。日本酒やワインも好きで、常にストックしていて、時々飲むのですが、普段は醸造酒は控えめにして蒸留酒を飲むようにしています。

 ちなみにビールは清涼飲料水です(笑)。夏には晩酌にコップ一杯。飲み会では中ジョッキ一杯まで。最初の一口ののど越しが命。それ以上飲むと、お腹が膨れるので、料理がおいしくなくなるのが困るのです。

 飲み会では焼酎が多いです。一般的に仲間が飲むからです。親しい仲間との飲み会は、酒の味よりも会話が主目的なので、安いのがいいですよね。個人的に焼酎は無味なので、匂いが強い方が好みです。芋焼酎が一般的ですが、意外と知られてないのは米焼酎、特に熊本の球磨焼酎も匂いが強いです。ただこの匂いは癖があるので、一般的じゃないかもしれません。女性は普通は焼酎のお湯割りや水割りを飲みません、チューハイですね。

 この匂いが強い系統が好きな人にお勧めは泡盛です。ご存知のように沖縄の米焼酎(タイ米といわれます)で、安くて焼酎よりアルコール度数が高いのでコストパーフォーマンスが高いのです。泡盛は新酒と3年以上寝かした古酒(クース)と分かれます。アルコール度数は基本的に43度、30度、25度です。焼酎は20度か25度なので、一般的に泡盛の方が度数が高いのです。
c0112559_9121570.jpg
 天領酒造の筋向いにある和菓子処「かつぶん」も町家風で古そうです。
c0112559_912484.jpg
c0112559_9125852.jpg
 歴史を感じさせる町並みでした。

 次回から大阪へ移動します。
by gipsypapa | 2017-01-12 09:17 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/26312707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-01-13 05:52
下呂温泉、
こんな町並みも残されているのですね。
伝統ある造り酒屋、
立派な建物です。
日本酒は、この歳になっても味がよく分からず、
飲み会で日本酒を飲んだ次の日は、
だいたいダメになっています。
当然、記憶もなく…。
Commented by gipsypapa at 2017-01-13 17:17
j-garden-hirasato さん
ははあ。
日本酒やワインなどの醸造酒は飲みすぎると悪酔いしますね。
自分も飲むときは少量です。
で、晩酌はウィースキーなのです。(^-^)
<< 太閤園 「料亭 淀川邸」 下呂温泉の町並み >>