下呂温泉の町並み

c0112559_9252722.jpg
 下呂温泉の町並みを紹介します。歴史的には1000年以上前からあった温泉。現在の温泉地の東方にある湯ヶ峰(1,067m)の山頂付近に温泉が湧出したのがはじまりだそうです。泉効があり、当時から湯治客があったと言われています。その後、山頂からの湧出は止まりましたが、現在の飛騨川の河原に湧出しているところを発見されとか。現在の温泉街は大正末期から岩田武七(現・マドラスの創業者)が採掘事業に乗り出し、湯之島館を開業したことをきっかけに、昭和になって開発されました。

 JR下呂駅から飛騨川沿いを中心に旅館やホテルが林立しています。しかし、道路が狭く、自動車の通行量が多いので、別府や城之崎、修善寺温泉のような、下駄履き・浴衣がけで散策するにはあまり向かない所が多そうです。

 1枚目の写真は飛騨川の河原露天風呂。Wikipedia から借用しました。

下呂温泉
岐阜県下呂市
撮影 : 2015.1.31
c0112559_92630100.jpg
 飛騨川の東側。
c0112559_92726.jpg
 西側です。いずれもビルが並んでいます。
c0112559_9281446.jpg
 下呂大橋を渡って東岸へ向かいます。
c0112559_9285064.jpg
c0112559_929765.jpg
 飛騨川に直交する小さな川幅の阿多野川沿いにも旅館やホテルが並んでいます。
c0112559_929501.jpg
c0112559_93047.jpg
 下呂温泉には湯之島館以外にはレトロ建築はないようです。というか木造の和風旅館は見かけませんでした。路地に入ったら、あるようですが、時間的余裕がなく、パスしました。
c0112559_9304640.jpg
c0112559_9305724.jpg
 老舗も鉄筋コンクリート作りのホテル形式になっていますね。これは有名な水明館。飛騨川西岸にあります。中には能舞台もあるとか。
c0112559_9314030.jpg
 東岸にある山形屋。いずれも高級旅館です。
c0112559_932197.jpg
 昼食の場所を探しましたが、なかなか手ごろな飲食店には出会いませんでした。結構うろうろしたあげくに、桔梗屋支店という飛騨川沿いのそば屋を見つけました。
c0112559_9334063.jpg
c0112559_9335398.jpg
c0112559_934533.jpg
 昭和レトロがいいですね。
c0112559_9343823.jpg
 飛騨川が眼下に見えました。おいしかったし、ゆったりさせてもらいました。
c0112559_9354765.jpg
 JR下呂駅に戻ってきました。
by gipsypapa | 2017-01-11 09:36 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/26310003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 飛騨萩原の天領酒造 下呂温泉合掌村 >>