節信院と幻住庵

c0112559_921430.jpg
 北上して再び御供所町へ。節信院(せっしんいん)はこのあと紹介する聖福寺の塔頭(たっちゅう)寺院です。聖福寺の裏手にひっそりと伽藍を構えています。幕末に勤皇派で、福岡藩の倒幕派の中心的な立場にあった家老・加藤司書(のりしげ)の菩提寺です。

 開基は1602年、加藤重徳による創立です。加藤重徳は荒木村重の家臣でしたが、幽閉された黒田如水(官兵衛)を助けた縁で、次男の一成が黒田家の養子となり福岡に来たそうです。節信院は代々加藤家の菩提寺になっており、末裔の加藤司書の墓があるのはこのためです。

節信院
詳細不明
福岡市博多区御供所町11-20
撮影 : 2015.1.19
c0112559_9215489.jpg
c0112559_922367.jpg
c0112559_9221271.jpg
c0112559_9222316.jpg
 さらに北上して風情のある細い路地を聖福寺に向かいます。
c0112559_9231375.jpg
c0112559_9233130.jpg
 この一角は古い博多の雰囲気をよく残しています。
c0112559_9234725.jpg
 途中にもう一つの塔頭である幻住庵の前を通りました。

幻住庵(げんじゅうあん)

解説文では「延元元年(1336)無隠元晦が馬出に開山。天保3年(1646)に博多の豪商大賀宗伯が聖福寺境内に移し、耳峰玄熊和尚を中興の祖とする。以後大賀家の菩提寺となり、大賀家歴代の墓碑が並ぶ。」とありました。残念ながら柵があって、境内には入れませんでした。

天目山 幻住庵
詳細不明
福岡市博多区御供所町7-1
c0112559_9242199.jpg
 左折して西に向かう細道へ。
c0112559_9273216.jpg
 聖福寺はすぐそこです。
by gipsypapa | 2015-07-22 09:28 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/24432679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2015-07-23 06:21
寺院が小道で繋がっている風景、
京都の大寺院の塔頭を巡っているみたいですね。
各寺院の土塀が、
個々に違っているのが面白いです。
Commented by gipsypapa at 2015-07-24 08:34
j-garden-hirasato さん、
私もこの小道は気に入りました。
長く福岡に住んだのに
こういう場所があるのは
全く知りませんでした。
<< 安国山 聖福寺 天與庵 >>