大阪天満宮

c0112559_1228232.jpg
 大阪市北の繁華街のど真ん中にある大阪天満宮(おおさかてんまんぐう)。天満宮といえば菅原道真を祀る神社です。

 ネット情報では「901年に菅原道真が、藤原時平により九州大宰府へ配転(左遷)させられた際、同地にあった大将軍社に参詣した。903年に菅原道真が没した後、天神信仰が始まる。949年に大将軍社の前に7本の松が生え、霊光を放ったという奇譚が都に伝わった。そのため村上天皇の勅命によって天満宮を建立させたのが始まりである。」といあります。

 現在の本殿は、弘化2年(1845)に再建された物で権現造りの社です。他に梅花殿(1928年)、神楽所(1904年)と参集所(1911年)が国の登録有形文化財に指定されています。

大阪天満宮
1845(弘化2)年
設計・施工 : 不明
大阪市北区天神橋2-1-8
撮影 : 2015.3.30
c0112559_12302773.jpg
c0112559_12304116.jpg
c0112559_12305779.jpg
 国の登録有形文化財の参集殿。
c0112559_12332957.jpg
c0112559_12333962.jpg
c0112559_1233562.jpg
c0112559_1234983.jpg
c0112559_1234223.jpg
c0112559_12343635.jpg
c0112559_12344676.jpg
c0112559_1235280.jpg
c0112559_12351870.jpg
c0112559_1235551.jpg
c0112559_12361016.jpg
c0112559_12363185.jpg
 何度か来たことがあるここを再訪したのは「寺社の装飾彫刻 近畿編」という本で彫刻の存在を知ったから。
c0112559_1238496.jpg
c0112559_12381877.jpg
 表門に見るべきものがあるのです。
c0112559_12385963.jpg
c0112559_12392197.jpg
c0112559_1240443.jpg
c0112559_12405679.jpg
 表門袖壁羽目板の鳳凰。
c0112559_124249.jpg
 天井には方位盤。
c0112559_12424971.jpg
c0112559_1243373.jpg
c0112559_12431888.jpg
 西側の門にも。
c0112559_12435423.jpg
c0112559_12441039.jpg
 木鼻は獅子ですね。
c0112559_12445139.jpg
c0112559_12454014.jpg
c0112559_12455565.jpg
 臥牛(がぎゅう)。ビフテキのスエヒロが、昭和15年に開業30周年を迎えるにあたり昭和14年7月に奉納したものだとか。
c0112559_12474176.jpg

c0112559_12475786.jpg
 「寺社の装飾彫刻 近畿編」にはこのほかにも彫刻があるようですが、見つけることはできませんでした。
c0112559_12481353.jpg
 北側から出ると繁盛亭があります。上方落語唯一の寄席で、落語を中心に、漫才、俗曲などの色物芸の興行が連日行われています。
by gipsypapa | 2015-07-13 12:53 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/24393008
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2015-07-14 06:51
大阪というと、
どうもゴチャゴチャしたイメージがありますが、
それとは対極の、
サラッとしたお寺ですね。
彫物が素晴らしい。
寺社の装飾彫刻巡り。
楽しそうですね。
Commented by gipsypapa at 2015-07-15 07:57
j-garden-hirasato さん
最近は寺社で気になるのは
装飾彫刻、
襖絵そして
庭園です。
関西にはまだまだ見たいところが
たくさんあるので
楽しみです。
<< 福岡市の楽水園 富田御坊 本照寺 >>