祥雲山 慶瑞寺(慶瑞禅寺)

c0112559_9173627.jpg
 住宅地の細い路地の奥にあるひっそりとしたお寺。ネット情報では、持統天皇8年(694)、宇治橋架橋などで知られる僧道昭が創建し、法相宗に属して景瑞寺と呼ばれていたと伝えられていて、江戸時代初期には、景瑞庵と呼ばれ荒廃していましたが、寛文元年(1661)頃、普門寺の龍溪が再興したとありました。

 今の本堂や鐘楼は古そうに見えますが、これらが江戸初期の築かどうかはわかりませんでした。

祥雲山 慶瑞寺(慶瑞禅寺)
詳細不明
高槻市昭和台町2-25-12
撮影 : 2014.12.25
c0112559_9181598.jpg
c0112559_9182572.jpg
c0112559_9183792.jpg
c0112559_9184798.jpg
c0112559_918575.jpg
c0112559_919678.jpg
 鐘楼。
c0112559_9191773.jpg
c0112559_9192824.jpg
 鐘楼の額は東郷平八郎の書だとか。
c0112559_9193974.jpg
c0112559_9194955.jpg
c0112559_920234.jpg
c0112559_9201661.jpg
 本堂。
c0112559_9202716.jpg
c0112559_9203970.jpg
c0112559_9205179.jpg
c0112559_921572.jpg
c0112559_9211720.jpg
 聖歯塔(せいしとう)。
「後水尾法皇の崇敬篤く、寛文5年皇子の隠仁親王が亡くなると、その歯を、同7年には仏舎利3個と法皇の歯1個を収めた舎利塔を賜り、石塔に収めた。」と書いてありました。
c0112559_9212769.jpg

by gipsypapa | 2015-06-30 09:28 | 建築 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/24332119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2015-07-02 06:38
立派な鐘楼です。
鐘を突くだけで、
ここまでするか、という感じですが、
ここまで立派にするにも、
何か理由があるのでしょうね。
Commented by gipsypapa at 2015-07-02 08:31
j-garden-hirasato さん
鐘楼は本堂より立派で
堂々としていますね。
それに瓦は葺き替えられているようですが
本体はかなり古そうです。
Commented at 2016-04-13 15:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gipsypapa at 2016-04-17 19:23
久下五十鈴さん
コメントいただきありがとうございます。
小生は建物好きではありますが
それ以上のものではありません。
ご理解下さいますよう。
Commented at 2017-03-22 14:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gipsypapa at 2017-03-23 08:03
久下五十鈴さん
前と同じ答えです。
<< 起行山 理安寺 補陀洛山 総持寺 >>