玉藻公園 披雲閣

c0112559_813311.jpg
 玉藻公園を訪ねた目的はこの披雲閣(ひうんかく)です。高松城だったこの場所には、江戸時代には政務を行い、かつ藩主が生活する場所として「披雲閣」という名前の御殿がありました。

 現在の披雲閣は、明治維新後に老朽化のため取り壊された旧披雲閣を高松松平家の12代当主賴寿伯爵が3年余りの歳月をかけて完成したものです。

 大規模な和風住宅建築で、江戸時代の御殿を意識した伝統的な配置や意匠を採用した近世以来の正統的書院造りで、伝統技術と洋風技術が見事に融合された構造となっています。

 敷地の中央に本館があり桜御門を正門とし、海に面した北側に庭園が広がっています。本館は、接客、居住、家政などの機能をもつ多くの部屋が廊下でつながっています。中でも142畳敷の「大書院」からが見どころで、そのほかに複数の小座敷が配置されていました。

 江戸期の建築様式を踏襲しながら、清水組の近代的な組織体制により設計と施工の管理が徹底された住宅建築であり、大正時代におけるわが国の大規模和風住宅の技術的水準を示すものとして貴重であることから、国の重要文化財に指定された木造平屋、一部2階建て。

玉藻公園 披雲閣
旧松平家高松別邸
1917(大正6)年
重要文化財
設計・施工 : 清水組
高松市玉藻町2-1
撮影 : 2014.11.27
c0112559_8174667.jpg
c0112559_8175952.jpg
 三の丸の南面に開く桜御門を正門として敷地の中央に本館があります。
c0112559_8193385.jpg
c0112559_819471.jpg
c0112559_820838.jpg
c0112559_8201994.jpg
 脇門をくぐって・・
c0112559_8205410.jpg
 美しい日本庭園。
c0112559_8214985.jpg
c0112559_822355.jpg
c0112559_8221347.jpg
c0112559_8222676.jpg
c0112559_8224179.jpg
c0112559_8225275.jpg
c0112559_8233424.jpg
c0112559_8235698.jpg
c0112559_8242367.jpg
c0112559_8244064.jpg
c0112559_8245526.jpg
c0112559_825141.jpg
 裏側に出ると2階建ての棟があります。
c0112559_826153.jpg
c0112559_8261597.jpg
c0112559_8263088.jpg
c0112559_8265172.jpg
c0112559_827558.jpg
c0112559_8272036.jpg
c0112559_8274042.jpg
c0112559_827592.jpg
 1階に大書院があります。
c0112559_8283919.jpg
 中には入れませんでしたが、ガラス戸なのでガラス越しに見えます。
c0112559_8293827.jpg
c0112559_8295251.jpg
c0112559_830378.jpg
c0112559_8301675.jpg
c0112559_8302991.jpg
c0112559_8304219.jpg

by gipsypapa | 2015-06-24 08:32 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/24303907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2015-06-25 06:39
建物の名前は、
すっかり忘れておりました。
また、表から入らなかったのか、
建物の玄関を見ても、
こんな建物あったかなあ…、
という次第で(笑)。
庭園を見て、
ようやく記憶が戻りました。
裏から入って、表には行かなかったのでした。
Commented by gipsypapa at 2015-06-25 08:26
j-garden-hirasato さん
高松駅の方角から公園に入ったのですね。
私は帰る途中に
市街地にあるホテルから歩いて
反対側から入ったので
正面が最初で
最後に裏の駅側から出たのです。
<< 補陀洛山 総持寺 玉藻公園 高松城旧東之丸艮櫓 >>