築地鉄板焼 Kurosawa

c0112559_9233169.jpg
 築地の新大橋通りから路地を覗くと、切妻が二つある大きな和風建築が見えました。普通の住宅かと思いましたが、近づくとKurosawaという看板。調べると築八十年の民家を改装して、旬の魚介、黒毛和牛や無農薬・有機栽培の野菜などを素材にしたフレンチスタイルの鉄板焼のお店Kurosawaでした。木造2階建て。

築地鉄板焼 Kurosawa
昭和初期
設計・施工 : 不明
東京都中央区築地2-9-8
撮影 : 2014.11.16
c0112559_9251163.jpg
c0112559_9252120.jpg
c0112559_925337.jpg
c0112559_9254225.jpg
c0112559_9255514.jpg
c0112559_926714.jpg
c0112559_9262044.jpg
c0112559_9263282.jpg
 以下はネットにあった内部写真です。 ↓
c0112559_9271738.jpg
c0112559_9273294.jpg
c0112559_9274511.jpg
c0112559_928058.jpg

by gipsypapa | 2015-06-03 09:28 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/24202659
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2015-06-04 06:42
フレンチスタイルの鉄板焼、
どんなものか、
ちょっとイメージできませんが、
お洒落な鉄板焼ってことでしょうか。
この建物には、ピッタリな感じです。
Commented by gipsypapa at 2015-06-04 15:21
j-garden-hirasato さん
鉄板焼きというのは
一般的にお好み焼きかなんかの
粉ものが日本では普通。
ステーキやロブスターなんかを客の目前で焼くのは
海外にある日本料理屋的です。
<< 宮川食鳥鶏卵 トラヤ薬局 >>