築地の旧ワカマツヤ洋品店

c0112559_8495763.jpg
 こちらも銅板建築。瓦葺の方形屋根の和風住宅に銅板を貼り、2階はユニークな洋風な手すりのベランダがあります。元は洋品店で、一時的に「ぎゃらりー若松屋」となっていたらしいのですが、シャッターが下りていて、何の表示もありません。木造2階建て。

旧ワカマツヤ洋品店
1930(昭和5)年ころ
設計・施工 : 不明
東京都中央区築地6-12-3
撮影 : 2014.11.16
c0112559_8504739.jpg
c0112559_8505832.jpg
c0112559_851984.jpg

by gipsypapa | 2015-06-01 08:51 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/24192889
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2015-06-02 06:54
お店は閉めているようですね。
残念。
シャッターをもう少し工夫すれば、
違和感がなくなるんですが…。
外野は好きなことを言います(笑)。
Commented by gipsypapa at 2015-06-02 13:13
j-garden-hirasatoさん、
そうですね。
他のブログに開いている写真があります。
ちょっと違和感のある
カスガイ掛け X 型の
ショーウィンドウです。
最近、そうしたのでしょうが
レトロ感はなくなっています。
<< 築地のトラヤ薬局 築地の3軒長屋(その2) >>