御蔵前書房

c0112559_8262523.jpg
 都営浅草線の蔵前駅に向かう途中で見つけた古書店、御蔵前書房(おくらまえしょぼう)。「大江戸・大東京関係・相撲文献」という看板が強烈です。

 御蔵前書房のHPによると、「江戸幕府の諸資料から庶民芸能のオリジナル資料、古文書・和本・草稿・書簡・書籍・雑誌・錦絵・版画などなど、在庫の充実を目指しております。特に国技の相撲の分野には、在庫目録に掲載できないもの多く、お問い合わせください。」とあります。

 蔵前といえば昭和60年まで国技館があって、両国に移転するまでは相撲の町として栄えたところ。なるほど。

 建物はいわゆる看板建築で、古い下見板張りの壁に落下防止のネットが張ってあります。淡い緑色の縦板がネットを固定するために追加されたようです。建物の詳細は見つかりませんでしたが、戦後の築らしいです。木造2階建て。

御蔵前書房
詳細 : 不明
東京都台東区蔵前3-12-10
撮影 : 2014.11.16
c0112559_8284384.jpg
c0112559_8285582.jpg
c0112559_829870.jpg
c0112559_8291946.jpg
c0112559_8293279.jpg

by gipsypapa | 2015-05-26 08:30 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/24154878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2015-05-26 20:30
何のネットか、と思ったら、
落下防止ですか。
このネット自体が落下してきそうですけど(笑)。
現役なのが、
スゴイですね。
Commented by gipsypapa at 2015-05-27 09:02
j-garden-hirasato さん、
この手のネットは落下防止ネットですが、
実は私も何の落下を防いでいるのか
わからないのです。
確かにネットが落ちてきそうですね。
<< 築地本願寺本堂 蔵前の厩橋 >>