丹海バス案内所

c0112559_852161.jpg
 教会以外は和風建築が多い宮津では数少ない洋風の建物。元は船会社の本社事務所でしたが、現在は改修されて京都府の宮津市、京丹後市、与謝郡など丹後半島周辺地域で路線バス、船舶、ケーブルカーやリフトなどを運営している丹後海陸交通株式会社(たんごかいりくこうつう)のバス部門、丹海バス(たんかいバス)の案内所になっています。

 寄棟瓦葺の屋根に白い下見板張りの外壁に緑で縁取りをした縦長窓が並ぶ、典型的な大正以前の偽洋風建築です。角地にあるため、コーナーを切り落として玄関としています。木造2階建て。

丹海バス案内所
旧橋北汽船本社
1923(大正12)年
設計・施工 : 不明
宮津市新浜1991-1
撮影 : 2014.10.27 & 28
c0112559_852569.jpg
c0112559_853596.jpg
c0112559_8531492.jpg
 Tango de Dango?
c0112559_8532298.jpg
c0112559_8533129.jpg
c0112559_8541110.jpg
 ちなみに宮津から京都までの帰路はこの丹海バスに乗りました。
by gipsypapa | 2015-05-11 08:56 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/24080062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2015-05-12 06:33
こんなレトロな建物の待合室なんて、
ロマンチックですね。
看板のロゴも建物とピッタリで、
大切に保存しようという姿勢が伝わってきます。
嬉しくなりますね。
Commented by gipsypapa at 2015-05-12 09:13
j-garden-hirasato さん、
レトロな洋風建築が少ない町なので、
大変貴重ですね。
大通りに面していて
よく目立ちます。
これからも大事に使い続けてほしいです。
<< 宮津の袋屋醤油店 宮津の今林家住宅ほか >>