清輝楼

c0112559_8512192.jpg
 もう一つの老舗和風旅館は清輝樓(せいきろう)です。宮津湾側に建つ典型的な木造3階建ての旅館。

 創業は元禄年間 (1600年末)と古くから天橋立観光を支えてきた旅館です。現在の建物は明治半ばに建てられたものがもっとも古く、およそ100年の以上経っています。

 東面の中央部が玄関で、海側の北側と西側に客室、南側3階に百五畳敷の大広間をもつ広間棟があります。60畳と45畳の二つの大広間は格子の格天井、大床柱、違い棚など当時の建築の粋をつくしたものがそのまま残っていて圧巻です。国の登録有形文化財の木造2階、一部3階建て。

清輝楼
1892(明治25)年 / 1901(明治34)年 / 大正時代(増築)
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
宮津市魚屋937
撮影 : 2014.10.27 & 28
c0112559_8533911.jpg
c0112559_8535541.jpg
c0112559_854662.jpg
c0112559_854179.jpg
c0112559_8543353.jpg
c0112559_8544415.jpg
 手前に小さな社。
c0112559_8552319.jpg
 福寿神社とあります。清輝楼の一部かと思ったら、違うようです。
c0112559_8563479.jpg
 神社の角を曲がって、
c0112559_857530.jpg
 清輝楼の食事処。ここもランチをやっています。
c0112559_8575536.jpg
 東側に玄関があります。
c0112559_8581589.jpg
 早朝の散歩で通りかかったときの玄関はとくに何もありません。
c0112559_8595374.jpg
 お昼に茶六別館に向かうときに覗いてみると、立札があり「きざはし会展」を開催していて、入場無料とあります。
c0112559_904214.jpg
 もちろん見せてもらうことにして、中へ入りました。
c0112559_911260.jpg
 3階に上ります。
c0112559_912357.jpg
c0112559_913938.jpg
 展示会はお目当ての60畳の大広間で開催されていました。京都の友禅の着物などが展示されていました。
c0112559_93340.jpg
 見事な折上格天井です。渋温泉の金具屋を思い出しました。
c0112559_935031.jpg
c0112559_94269.jpg
c0112559_941388.jpg
 展示物の近接撮影は禁止ですが、それさえ避ければ写真は撮れました。
c0112559_944517.jpg
 展示物に隠れて、見にくいのですが、鈴木百年(すずき ひゃくねん 1825~1891)の襖絵があります。
c0112559_952062.jpg
c0112559_953419.jpg
c0112559_954655.jpg
c0112559_955972.jpg
 床の間と・・
c0112559_962644.jpg
c0112559_963775.jpg
 違い棚。
c0112559_9722.jpg
c0112559_971363.jpg
c0112559_972324.jpg
 展示会の人が案内してくれて、3階の廊下へ。
c0112559_97586.jpg
c0112559_981578.jpg
 他の棟の屋根がを見下ろしています。
c0112559_99481.jpg
 こちらが45畳のもう一つの大広間。襖絵のある襖を取り払うと、105畳の大大広間になるわけです。
c0112559_910822.jpg
c0112559_9102548.jpg
c0112559_9104113.jpg
c0112559_9105323.jpg
c0112559_9111112.jpg
 以下はHPから借用しています。↓
c0112559_9114057.jpg
c0112559_9142726.jpg
c0112559_9151731.jpg

by gipsypapa | 2015-05-08 09:19 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/24064240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2015-05-09 06:23
さすがは老舗旅館、
外観の館内も、
趣があって落ち着きますね。
こういう処で泊まれたら、
ゆったりとした時間が過ごせそうです。
襖絵も見事ですね。
Commented by gipsypapa at 2015-05-10 08:28
j-garden-hirasato さん、
一応下調べして存在は認識していましたが
期待以上に見どころが多い旅館でした。
このブログを書くために
HPなどを検索していたら
この時の特別イベント以外にも
普段から「小さなちいさな美術館」といって
2階の一部を無料公開しているのが分かりました。
そういえば玄関に提燈が下がっています。
気づかなかったです。
知っていれば2階も見れたのに・・・
<< 宮津の今林家住宅ほか 茶六別館 >>