宮津聖アンデレ教会

c0112559_8545610.jpg


c0112559_8554326.jpg 宮津の住宅地にある宮津聖アンデレ教会。英国の聖公会に属する教会です。カトリック宮津教会と比べると、いかにも地味で素朴な印象があります。

 黒い下見板張りに鋭角の切妻屋根や縦長窓、真っ白に縁どられた玄関などが印象的です。隣にある牧師館も同じ時期に建てられたものでしょう。木造2階建て。

宮津聖アンデレ教会
大正期か
設計・施工 : 不明
宮津市島崎2036
撮影 : 2014.10.28

c0112559_8555994.jpg
 礼拝は不定期のようです。
c0112559_856925.jpg
c0112559_856207.jpg
c0112559_8563282.jpg
c0112559_8564243.jpg
c0112559_8565668.jpg
c0112559_8571153.jpg
 隣の住宅はいわゆる牧師館ですが、現在は使われてない雰囲気でした。
c0112559_85832.jpg
c0112559_8581720.jpg
c0112559_8585290.jpg

by gipsypapa | 2015-05-06 09:01 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/24052894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2015-05-09 06:30
これは個性的な教会ですね。
十字架がなければ、
教会とは思えません(笑)。
壁の色が地味なんでしょうね。
だいたいどこの教会も、
日本の建物の色ではない、
鮮やかな色で塗られています。
地域に溶け込もうという意図があったのでしょうか。
Commented by gipsypapa at 2015-05-10 08:20
j-garden-hirasato さん、
色々な教会を見てきましたが
かなりユニークな外観でした。
確かに外壁も白い塗装をしたのが多いです。
ただしプロテスタント系は
地味な色合いのものもありますね。
もっとも聖公会系は
完全なプロテスタントではありませんが・・・
<< 茶六別館 宮津の杢屋建築設計 >>