宮津市新浜通りの町家

c0112559_8171967.jpg
 茶六本館のそばの新浜通りは、千本格子の花街の風情が今も残る通りです。当時は京都の島原遊廓そのままの風情の遊廓だったそうです。この町屋風の住宅は当時の面影を残しています。木造2階建て。

HN邸
昭和初期か
設計・施工 : 不明
宮津市魚屋973
撮影 : 2014.10.27
c0112559_8184241.jpg
 家の前にあった案内板。芸者の花代が祇園より3銭高く日本一とあります。
c0112559_8191596.jpg
c0112559_8192550.jpg

by gipsypapa | 2015-05-01 08:19 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/24020788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2015-05-02 05:31
花街ができるほど、
繁栄していたんですね。
今が廃れているという意味ではありませんが。
Commented by gipsypapa at 2015-05-02 10:14
j-garden-hirasato さん、
昔は城下町だったこともあるのでしょうかね。
花街の時代は
天橋立の観光客が訪れて
繁栄したみたいです。
<< 宮津の中村眼科 茶六本館 >>