城崎から天橋立へ

翌朝は城崎温泉を発って、次の宿泊地の宮津市に向かいました。朝から小雨模様でしたので、雨が降っていたら直行、止んだら途中下車して天橋立を歩く予定でした。
撮影:2014.10.27
c0112559_9241964.jpg
 城崎温泉駅はJR山陰本線の駅。ここから南下して豊岡駅へ。
c0112559_9245444.jpg
c0112559_925688.jpg
c0112559_9252724.jpg
 豊岡で北近畿タンゴ鉄道(KTR)に乗り換えて、宮津方面へ向かいます。
c0112559_9262336.jpg
c0112559_9263359.jpg
c0112559_926449.jpg
 観光列車「あかまつ」「くろまつ」「あおまつ」が走っているそうです。
c0112559_9271526.jpg
c0112559_9273619.jpg
c0112559_9274688.jpg
 乗ったのは西舞鶴行の普通列車です。ローカル色がいっぱいですが、車内はがらがらでした。
c0112559_929917.jpg
 車中では雨が降っていましたが、天橋立駅に着くころには雨も止んでいたので下車しました。天橋立(あまのはしだて)は、京都府宮津市の宮津湾と内海の阿蘇海を南北に隔てる砂州で日本三景の一つです。
c0112559_9295143.jpg
 まず駅前の食堂で腹ごしらえです。
c0112559_9303542.jpg
 まず廻旋橋へ。 天橋立の大橋立と小橋立を結び、橋の中央部分が90度回転する可動橋です。1923年に人力で動く橋が完成し、1957年から現在の電動式になったそうです。
c0112559_9315360.jpg
 着いた時にはほとんど閉まりかけでしたので、開いているウィキペディアの写真を借用します。
c0112559_9331980.jpg
c0112559_9332953.jpg
c0112559_9333964.jpg
 観光船の船着場です。
c0112559_9341996.jpg
 知恵の輪灯篭。元々近くを往来する船の安全を祈って建立されたそうです。
c0112559_9345729.jpg
 もう一つ大橋立を渡ります。
c0112559_9353918.jpg
c0112559_9355237.jpg
c0112559_9361250.jpg
c0112559_9362561.jpg
 すぐ左にあるのは「はしだて茶屋」。
c0112559_937968.jpg
 あとは松林の一本道。天橋立を歩いて渡って片道1時間弱かかりました。
c0112559_938445.jpg
c0112559_9381876.jpg
 途中にいろいろな見どころがありました。なぜか軍艦春日の大砲もあります。
c0112559_940845.jpg

c0112559_9385513.jpg
 天橋立神社(橋立明神)。
c0112559_9403964.jpg
c0112559_940538.jpg
 環境省選定の名水百選に選ばれている磯清水。
c0112559_9425382.jpg
 砂嘴にある井戸で両側が海であるにもかかわらず、口に含んでも塩味を感じない不思議な名水として古くから珍重されているそうです。ただし湧き水なので飲まないように注意する立て札が立っていました。
c0112559_9433925.jpg
 これが砂浜です。白砂青松といわれた天橋立ですが、白砂ではないです。天気が悪いだけではありません。
c0112559_9445426.jpg
 テレビで見たことがあります。近年は砂州の侵食が顕著になり、縮小・消滅の危機にあるとかで、砂浜の維持のために砂を補給しました。その砂に雑草などの種子が混ざっていて、草が生えてきたのです。
c0112559_9454048.jpg
c0112559_9455213.jpg
c0112559_94637.jpg
 南から渡って北側に到着。また歩いて南の駅を目指し戻りました。
c0112559_947143.jpg
 天気も悪いし砂浜もイマイチでした。ウィキペディアの写真を借用します。これくらいきれいだったらいいのに。
by gipsypapa | 2015-04-22 09:50 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/23969722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2015-04-24 06:32
天橋立は、
現地に下りちゃうと、
ただの松林、という感じですね。
俯瞰で眺めた方が全容が見えて、
観光的にはいいようです。
やはり、股から逆さに見て、
おおー、絶景!ですね。
Commented by gipsypapa at 2015-04-24 08:16
j-garden-hirasato さん、
向う側に股覗きをする山があります。
時間的に登れませんでしたが
見るならそこしかないかもです。
雨上がりだったのも
景観を損ねました。
<< 天橋山 智恩寺 城崎温泉の洋風建築 >>