梅小路蒸気機関車館 扇形車庫

c0112559_947447.jpg
 玄関棟の旧二条駅舎を奥に進むと扇形車庫に出ます。上から見ると、その姿が扇を開いた形に見えるので扇形車庫といわれ、蒸気機関車の車庫となっています。内部は機関車駐留場や整備などを行う器械場や職場等に分かれて、20線の引き込み線があります。現在でも車庫内では蒸気機関車の保守や修繕などを行われています。

 また屋外には転車台(ターンテーブル)と放射状に伸びる引き込み線があります。蒸気機関車は車庫から引き込み線で転車台まで移動し、蒸気機関車の向きを変え、本線へと移動します。

 扇形庫には蒸気機関車18形式20両が収容・展示され、現在も車両基地としての機能を有していて、営業線とも接続されています。実際に観光のための「SLスチーム号」が運行されていて、多くの鉄道ファンに人気を呼んでいます。

 車庫は大正初期に建設された現存する最古の鉄筋コンクリート造りの扇形車庫。設計と建築を指揮したのは東京帝国大学建築科を卒業し、12年に鉄道院に就職したばかりの若き渡辺節。渡辺はここ梅小路機関車庫や京都駅を担当し後に退官、大阪に設計事務所を開いて、綿業会館、ダイビル本館、商船三井ビルディングなどの有名建築物手掛けました。国の重要文化財と近代化遺産に選ばれた鉄筋コンクリート造り、平屋建て。

梅小路蒸気機関車館 扇形車庫
1914(大正3)年
重要文化財、近代化遺産
設計 : 渡辺節(鉄道院西部鉄道管理局)
施工 : 大林組
京都市下京区観喜寺町56
撮影 : 2014.9.30
c0112559_948945.jpg
c0112559_9481938.jpg
c0112559_9483146.jpg
c0112559_9484279.jpg
c0112559_9485356.jpg
c0112559_949355.jpg
c0112559_9491284.jpg
c0112559_9492119.jpg
c0112559_9493183.jpg
c0112559_9493930.jpg
c0112559_949515.jpg
c0112559_950268.jpg
c0112559_9501362.jpg
c0112559_950243.jpg
c0112559_9503673.jpg
c0112559_9504690.jpg
c0112559_9505748.jpg
c0112559_951797.jpg
c0112559_9512424.jpg
c0112559_9514158.jpg
 車庫に立つ煙突は蒸気機関車からでる煙を排出するためのものです。
by gipsypapa | 2015-04-08 09:52 | 建築 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/23866295
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ローカルニュースの旅 at 2015-06-23 21:52
タイトル : さようなら「梅小路機関車館」 閉館惜しみファン続々
日本の近代化の“けん引役”だった蒸気機関車を保存展示する「梅小路蒸気機関車館」が8月末で閉館する。迫力あるSLを至近距離で見ることができる施設で、ファンには“聖地”のような存在。2016年春に開館する「京都鉄道博物館」に引き継がれるが、機関車館としては43年間の歴史に幕を閉じる。昭和の雰囲気が漂う同館は連日、名残を惜しむファンでにぎわっている。... more
Commented by j-garden-hirasato at 2015-04-09 06:26
鉄道マニアではありませんが、
SLはワクワクしますね。
これだけの数の車両が
一堂に会している場所は、
他にはありませんね。
これは、行かないわけにはいきません。
それにしても、
コスプレの集団は、何ですか?
Commented by gipsypapa at 2015-04-09 08:55
j-garden-hirasato さん、
SL好きな人なら
絶対行ったことがあるでしょうね。
私もマニアではありませんが、
結構楽しめました。
コスプレ集団は、
その一つ上の写真にある
スチーム号の乗客です。
正体不明。(笑)
Commented by earybird at 2015-04-09 18:02
これは素晴らしいですねえ!
建物・機関車どちらも手入れが
行き届いてますね。
太郎
Commented by gipsypapa at 2015-04-11 08:56
earybird さん、
かなり有名な施設です。
前から存在を知っていましたが
京都駅から西側には行く機会がなく
今回が初めてでした。
一度は見る価値があります。
マニアは何度も。(笑)
<< 京神倉庫 梅小路蒸気機関車館 資料展示館 >>