京都祇園の仲源寺

c0112559_12502122.jpg
 大雲寺から相国寺へ向かうため四条通を西に向かって歩きました。祇園の商店街の隙間のようなところに小さな寺院があります。

 仲源寺(ちゅうげんじ)は、京都市東山区にある浄土宗の寺院で、山号は寿福山といいます。本尊は地蔵菩薩で、目疾(めやみ)地蔵とも称されて眼病に霊験があるとして信仰されているそうです。洛陽三十三所観音霊場第十六番札所で、観音堂の千手観音菩薩は平安期の作で国の重要文化財です。

 平安時代中期の開山で、1585(天正13)年現在の寺地へ移されたとありますが、現在の社がいつ建てられたかはわかりませんでした。

仲源寺
詳細不明
京都市東山区祇園町南側585−1
撮影 : 2014.9.29
c0112559_12513460.jpg
c0112559_12514767.jpg
c0112559_1252097.jpg
c0112559_12521049.jpg
c0112559_12522254.jpg

by gipsypapa | 2015-03-26 12:52 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/23765260
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2015-03-28 11:32
祇園にこんなカワイイお寺があるんですね。
街中のお寺らしく、
いろんなものが凝縮されている感じです。
Commented by gipsypapa at 2015-03-29 08:18
j-garden-hirasato さん、
何度もこの前を通ったはずですが
気づいたのはこの時が初めてでした。
京都では珍しく
小さなお寺ですよね。
<< レストラン菊水 京都祇園の中村楼 >>