萬年山 相国寺

c0112559_14262037.jpg
 この日の「京の夏の旅」の文化財特別公開は地下鉄に乗ってもう一か所。臨済宗相国寺派大本山の相国寺(しょうこくじ)に行きました。

 創建は室町幕府3代将軍・足利義満の時代の明徳3年(1392年)という歴史のある禅寺です。足利将軍家、伏見宮家や桂宮家ゆかりお寺であり、初めて知りましたが、京都の観光名所として有名な鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)は、相国寺の山外塔頭(さんがいたっちゅう)なのです。

 境内は京都御苑の真北に位置し、御所の今出川御門から同志社大学の間の道路を北上したところにあります。

 境内には方丈:文化4年(1807年)や庫裏 :文化4年(1807年)、鐘楼:天保14年(1843)など江戸末期の古い建物が立ち並んでいますが、お目当てはもっとも古い重要文化財の法堂(はっとう)です。

 慶長10年(1605年)に豊臣秀頼の寄進によって再建されたもので、日本にある法堂建築としては最古のものだとか。天井にある狩野光信の手による龍の絵見どころで、特定の場所で手を打つと反響するため、「鳴き龍」と呼ばれています。

萬年山 相国寺法堂
1605(慶長10)年、
重要文化財
設計・施工 : 不明
京都市上京区相国寺門前町701
撮影 : 2014,9.29
c0112559_14274787.jpg
 同志社の間の道を北に進むと、参道わきに庭があり、
c0112559_14282647.jpg
 山門があります。
c0112559_142927.jpg
 さらに北上すると、これが重要文化財の法堂。
c0112559_1430781.jpg
c0112559_14301877.jpg
c0112559_14303081.jpg
 狩野光信の龍の天井絵も見ましたが、ここも例にもれず撮影禁止です。仕方なくもらったパンフレットの写真です。
c0112559_1431650.jpg
 北側に回廊で法堂とつながる方丈。
c0112559_14314010.jpg
c0112559_14315198.jpg
c0112559_14321253.jpg
c0112559_14324840.jpg
 さらに北に位置する書院との間に美しい庭園があります。裏方丈庭園は江戸末期の作庭です。
c0112559_14333771.jpg
c0112559_1433477.jpg
c0112559_1434950.jpg
c0112559_14342093.jpg
c0112559_1434331.jpg
c0112559_14344689.jpg
c0112559_14345843.jpg
c0112559_14351256.jpg
 菊の御紋がある引手。どの建物にあったか忘れましたが、御所から移築されたのでしょう。
c0112559_14363921.jpg
 庫裏(くり):文化4年(1807年)の築です。
c0112559_14373858.jpg
c0112559_14375342.jpg
 鐘楼は1843(天保14)年の築。
c0112559_14383377.jpg
c0112559_1438484.jpg
 基礎部分に特殊な工夫がなされているようです。
c0112559_14392840.jpg
c0112559_14394253.jpg
 一角にある大通院は相国寺専門道場。「相見謝絶」という見慣れない看板があります。禅の修行道場のようです。
by gipsypapa | 2015-03-24 14:45 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/23750187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sy-f_ha-ys at 2015-03-24 19:27
相国寺というと公開されているエリアが殆ど無く、
天龍寺、南禅寺、東福寺、建仁寺という、
他の京都五山の寺院に比べ、地味な感じもしますが、
お隣にある同志社大の赤レンガ校舎群との、ミスマッチな感じが、
個人的にお気に入りなお寺であります。
方丈の庭園も少し狭い感じはしますが、素敵ですね。
しかし相国寺さん、傘下に金閣寺・銀閣寺というドル箱寺院を擁しているだけあって、
建物のメンテナンスが物凄く行き届いていますね。
ちょっと下世話な話になってしまい、申し訳けありません(笑)。
Commented by gipsypapa at 2015-03-25 09:35
sy-f_ha-ys さん、
相国寺に行ったのは文化財特別公開されているものの中で
見たかった伊藤忠太の大雲寺から行きやすかったからです。
まったく予備知識はありませんでしたし、
建仁寺のような見どころがあまりないので
知られていないようですね。
一般人が入りやすいお寺を目指し
もっと公開エリアも増やして
龍の天井絵も撮影OKにしてはどうでしょうか。
Commented by j-garden-hirasato at 2015-03-26 07:00
ここは未訪問のお寺です。
お庭もあるようですね。
龍の天井画も見応えがありそうです。
次回の京都行では、
ぜひ、寄りたいですね。
Commented by gipsypapa at 2015-03-26 12:56
j-garden-hirasato さん、
あまり大きくはありませんが
なかなか良い庭があります。
お勧めしたいのですが
必ずしもいつも見ることができるかどうか・・
ただ夏には間違いなく公開されています。
<< 京都祇園の中村楼 大雲院祇園閣 >>