知床半島のウトロへ再び

c0112559_9474475.jpg
 知床半島東岸の羅臼から山越えをして反対側のウトロへ。道東の天気は変わりやすいです。山越えの途中はまたまた濃霧と寒さ。
撮影 : 2014.8.27

知床五湖
c0112559_950555.jpg
 知床五湖
北海道斜里郡斜里町遠音別村。2年前も訪ねましたが、熊の出現で下界を歩くことができずに、一湖まで高架木道を歩いただけでした。
c0112559_9505419.jpg
 小雨模様です。傘を差しながら原生林に囲まれてたたずむ幻想的な5つの湖を回りました。
c0112559_10183235.jpg
五湖から一湖に向けて歩きます。
c0112559_951433.jpg
c0112559_9515495.jpg
c0112559_9522198.jpg
c0112559_9523436.jpg
c0112559_9524584.jpg
c0112559_9525962.jpg
c0112559_9531028.jpg
c0112559_95325100.jpg
c0112559_9534171.jpg
c0112559_9535426.jpg
c0112559_9541583.jpg
c0112559_9543296.jpg
c0112559_9544976.jpg
c0112559_9551351.jpg
c0112559_9552631.jpg
c0112559_9555042.jpg
c0112559_956317.jpg
c0112559_9562423.jpg
c0112559_9564710.jpg
 去年歩いた高架木道に来たころには、天気が良くなってきました。
c0112559_957346.jpg
c0112559_957512.jpg


ウトロ崎灯台とフレベの滝
c0112559_1014766.jpg
 北海道斜里郡斜里町遠音別村岩宇別531。次に立ち寄ったのは知床自然センター。
c0112559_1023445.jpg
c0112559_1025188.jpg
c0112559_103162.jpg
 センターからフレペの滝の展望台までは片道約1kmの遊歩道が続いています。
c0112559_1042743.jpg
 断崖に近づいてくると、入り江の強風によって木々の成長が妨げられた草原に出ます。
c0112559_10551378.jpg

c0112559_1124190.jpg

 チカポイ岬に設置された展望台から滝の流れ落ちる広大なオホーツク海が目の前に臨める絶景です。
c0112559_1055332.jpg
 フレベの滝は高さ約100mの切り立った断崖の途中から山々から流れてきた地下水が染み出し、海へと直接流れ落ちる滝です。
c0112559_1072310.jpg
  ウトロ崎灯台です。
c0112559_1074239.jpg

 断崖にいたエゾシカの夫婦。二組見ました。
c0112559_1113724.jpg
c0112559_1115539.jpg
c0112559_1121168.jpg


知床世界遺産センター(道の駅うとろ)
c0112559_10103056.jpg
c0112559_10104736.jpg
c0112559_1011695.jpg
c0112559_10112510.jpg
c0112559_10114248.jpg
 この日の宿は知床グランドホテル 北こぶし。北海道斜里郡斜里町ウトロ東172
c0112559_10124294.jpg

c0112559_10125721.jpg
 ビュッフェスタイルの夕食は、2年前に経験済みで、豪華絢爛でした。今回ここを選んだのもそれが理由でしたが、羅臼で書いたように、今年はイクラが不漁のためありません。
by gipsypapa | 2015-03-06 10:20 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/23628947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2015-03-08 06:39
知床、
いいですねえ。
豊かな自然と海の幸。
鹿もこんな近くで見れるのですか。
写真を拝見して、
無性にいきたくなってきました。
Commented by gipsypapa at 2015-03-08 10:38
j-garden-hirasato さん、
とにかく自然がいっぱいです。
長野の山岳地帯とは
違った風景が見れますよ。
海の幸がおいしいのも
楽しみです。
<< 女満別から帰路へ 羅臼から国後島を望む >>