羅臼から国後島を望む

c0112559_8592619.jpg
 阿寒湖を出て、ひたすら東へ向かい、知床半島の東側にある羅臼(らうす)へ向かいました。羅臼は海の幸もあって有名だと思いますが、思ったより小さな町でした。西側のウトロに比べると観光客も少なめな印象です。
撮影 : 2014.8.26 & 27
c0112559_8595877.jpg
c0112559_901258.jpg
道の駅 らうす深層館
北海道目梨郡羅臼町本町361-1
 唯一、人だかりのあるロケーションです。
c0112559_905555.jpg
c0112559_911765.jpg
c0112559_912752.jpg
 お昼はその中にある知床食堂で海鮮どんぶり。
c0112559_92011.jpg
c0112559_92133.jpg
 羅臼の町並みです。パチンコ屋は健在のようです。
c0112559_941387.jpg
c0112559_944438.jpg
 裏山に登りました。水平線に見えるのが国後島です。
c0112559_945541.jpg
羅臼国後展望塔
北海道目梨郡羅臼町礼文町32-1
 小高い山の中腹に展望塔があります。羅臼町から北方領土の一つである国後島(くなしりとう)までは約25kmしか離れていません。天気の良い日は国後島の建物まで見えるそうです。ご存知のようにロシアに占拠されている北方領土最大の島。早く返してね。
c0112559_955412.jpg
c0112559_963021.jpg
c0112559_965572.jpg
c0112559_97840.jpg
c0112559_98395.jpg
 この日は「羅臼の宿まるみ」に泊まりました。
c0112559_984522.jpg
 ホエールウォッチングの船が出るらしいのですが、時間がありません。
c0112559_910156.jpg
c0112559_9102854.jpg
 羅臼といえば海の幸。特にイクラのてんこ盛りに期待していましたが、この時は不漁だとかで、食卓に出てきませんでした。道の駅にはあったのにな・・・・
これは次に泊まったウトロでも同じでした。2年前のウトロではお代わり自由でした。残念。
c0112559_9113583.jpg
c0112559_9115029.jpg

知床旅情 作詞・作曲:森繁久彌 をどうぞ。
1.
知床の岬に はまなすの咲くころ
思い出しておくれ 俺たちのことを
飲んで騒いで 丘にのぼれば
遥か国後に 白夜は明ける

2.
旅の情か 酔うほどに さまよい
浜に出てみれば 月は照る波の上(え)
君を今宵こそ 抱きしめんと
岩かげに寄れば ピリカが笑う

3.
別れの日は来た ラウスの村にも
君は出て行く 峠を越えて
忘れちゃいやだよ 気まぐれカラスさん
私を泣かすな 白いかもめを
by gipsypapa | 2015-03-05 09:19 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/23623107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2015-03-06 06:05
羅臼ですか。
憧れの地です。
いつか訪れたいと思っていますが、
実現できずにいます。
海鮮丼、イクラにウニ、
堪りませんね。
旅館の海の幸も、最高です!
ああー、行ってみたい!
Commented by gipsypapa at 2015-03-06 10:28
j-garden-hirasato さん、
あまり見るところがないので
海の幸を堪能するのが一番です。
あと1泊しかないので
やっとここで海産物を買いました。
冷凍宅配して、
帰った翌日に届き
しばらく楽しみました。
<< 知床半島のウトロへ再び 道東の湖巡り >>