道東の湖巡り

c0112559_13134233.jpg
 釧路で1泊した翌日は、レンタカーで北へ向かいました。旅行はできるだけ鉄道や路線バスを利用するのが好きなのですが、2年前の道東旅行で、この方面は車がないと行動範囲に制限があるのを実感したのです。

もう見たいレトロ建築はありません。ひたすら自然にひたる旅です。
撮影 : 2014.8.25 & 27
c0112559_13143047.jpg
 釧路川沿いを北上しています。
c0112559_1315182.jpg
 車の数が少なく、道路が整備されているので、無意識のうちにスピードが出てしまいます。

摩周湖
c0112559_1316598.jpg
 北海道川上郡弟子屈町。裏摩周湖の展望台に来ました。日本でもっとも、世界ではバイカル湖についで2番目に透明度の高い湖ですが、霧が濃くて何も見えません。
c0112559_131656100.jpg
c0112559_13175514.jpg
c0112559_1318894.jpg
 さすが霧の摩周湖。しかも8月というのに寒い。早々に退散です。

神の子池
c0112559_13195976.jpg
 北海道網走管内斜里郡清里町。2年前に網走に行ったときにタクシーの運転手さんのお勧めスポットだったところです。前回は時間がなく断念したので、今回行ってみました。摩周湖の北側、国道1115線を左折して細い未舗装の小道を入っていきます。
c0112559_1321418.jpg
c0112559_13212022.jpg
c0112559_13213282.jpg
c0112559_13223696.jpg
 水の透明度が高く、池に沈んだ倒木が水の底に横たわる姿がはっきりと見えます。水面がエメラルドブルーに見え、神秘的な雰囲気です。
c0112559_1323443.jpg
c0112559_13232365.jpg
 結果的にこの日では、ここが一番よかったです。

屈斜路湖
c0112559_13242730.jpg
 北海道川上郡弟子屈町。ひたすら北上して網走管内まで行った後、ほぼUターンして阿寒湖の西側の道路を南下。屈斜路湖畔にきました。
c0112559_13275191.jpg
 屈斜路湖はカルデラ湖として日本最大、世界でも第2位の大きさです。
c0112559_13285448.jpg
c0112559_1329994.jpg
 火山地帯なので、周囲には火山や温泉が多数あります。湖岸を掘ると湯が湧き出す砂湯は観光名所となっています。とはいえ、生暖かい程度でした。
c0112559_13325475.jpg

c0112559_13301316.jpg
 トイレのガラスにへばりついている蛾は見たことがない種類です。

弟子屈町屈斜路コタンアイヌ民俗資料館

c0112559_13332138.jpg
 北海道川上郡弟子屈町屈斜路市街1条通11番地先。1982年にオープンした資料館で、屈斜路湖畔のコタンにあります。建物は釧路市生まれの建築家で、釧路編で紹介した釧路フィッシャーマンズワーフMOOも手掛けた毛綱毅曠(もづな きこう1941 -2001)の設計。
c0112559_1334317.jpg
c0112559_13341560.jpg
c0112559_13343880.jpg
c0112559_13345421.jpg
c0112559_13351857.jpg
c0112559_13353194.jpg
 常設展示にはアイヌ民族の生活や歴史に関連した450点の収蔵品が展示されていて、またアイヌの歴史を紹介するビデオの上映も行われています。
c0112559_1336421.jpg
c0112559_1336178.jpg
c0112559_13363012.jpg


阿寒湖
c0112559_13373740.jpg
 北海道釧路市阿寒町。この日の宿泊は阿寒湖温泉です。
c0112559_13382991.jpg
c0112559_13384475.jpg
c0112559_13391111.jpg
c0112559_13404490.jpg
 阿寒湖は全域が阿寒国立公園に含まれ、道東を代表する観光地です。北海道で5番目に大きい淡水湖。阿寒湖といえばマリモが有名でマリモ展示観察センターまで船で行けるそうですが、時間がありません。
c0112559_13395074.jpg
 泊まったのは阿寒湖温泉 阿寒の森鶴雅リゾート「花ゆう香」。夕暮れの散歩のあとは食べるくらいしかすることがありません。
c0112559_13405789.jpg
c0112559_13411734.jpg
c0112559_13413283.jpg
c0112559_13415145.jpg
c0112559_1342540.jpg
c0112559_13422135.jpg
c0112559_13423556.jpg
c0112559_13424899.jpg
c0112559_1343314.jpg
 温泉に入った後は・・
c0112559_1344235.jpg
c0112559_13432681.jpg
c0112559_13434069.jpg
 食べて寝るだけです。
by gipsypapa | 2015-03-04 13:51 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/23616597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sy-f_ha-ys at 2015-03-04 19:20
二十数年前に、高校の修学旅行で道東のエリアを旅したのですが、
森が深かったのと、霧がかかった湖という記憶しかありません。
修学旅行なんてそんなもんですか(苦笑)。

しかし旅先に、古い建物が一つもないのは寂しいですね。
一昨年から独り者ではなくなった私も、妻のサービスを兼ねつつ、
趣味の古建築をいかにして巡るか、色々と策を練っているところです。
今後はgipsypapaさまの旅を参考にしたいと思います(笑)。
Commented by gipsypapa at 2015-03-05 08:36
sy-f_ha-ys さん、
道東は網走に監獄の博物館と
田上義也さんの郷土博物館。
北見にヴォーリズのピアソン記念館などがあるくらいです。
2年前に見てしまったので
今回は家族サービスでした。

一昨年にご結婚?
おめでとうございます。
失礼ながら、もっと年配の方かと想像していました。
これからも二人で建物巡りができますね。

話は変わりますが、
この数年の西武ライオンズは駄目ですね。
お金を使わないのが見え見えで
明るいニュースがないです。

Commented by j-garden-hirasato at 2015-03-06 06:10
天気はイマイチで残念でしたね。
ガスった風景も、
幻想的ではありますが、
やはり、晴れた方が気持ちはいいですね。
エメラルドグリーンの池、
何でこんなきれいな色になるんでしょうね。
水も澄んでいて、
自然の豊かさを感じます。
Commented by gipsypapa at 2015-03-06 10:25
j-garden-hirasato さん、
期間を通してイマイチの天候でした。
それと変わりやすいです。
山越えすると必ずガスっていました。
神の子池のエメラルドグリーンは
一応、理科系として思うに
酸化銅系の鉱物を含んでいるはずです。(笑)
<< 羅臼から国後島を望む 有限会社キヨエ(北海道テザック... >>