有限会社キヨエ(北海道テザック社代理店)

c0112559_85546100.jpg
 大町に方形屋根の洋館があります。ネットで検索すると北海道テザック社としていくつか出てきます。元は明治商会という米穀、雑貨、金物の卸売問屋だったそうです。明治商会というからには、明治時代の創業かとも思いますが、この建物はそこまでは古くないように見えました。木造2階建て。

有限会社キヨエ(北海道テザック社代理店)
旧明治商会
詳細不明
釧路市大町4-1-1
撮影 : 2014.8.24
c0112559_8573075.jpg
c0112559_8575049.jpg
 「(株)デサック代理店 有限会社キヨエ」の看板があります。ロープなどの船具の会社みたいです。とはいえ、今も営業しているんでしょうか?
c0112559_8585451.jpg
c0112559_859471.jpg
 これで釧路は終わります。さらにレトロ建築もこれまで。明日から北へ向かい、あと3泊しますが建物探索はなしです。というか見る対象が存在しないのです。明日からは自然のみの家族サービス。しばらくは単なる旅行記がしばらく続きます。
by gipsypapa | 2015-03-03 09:02 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/23609839
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2015-03-04 06:42
いろいろ手が加えられていているようですね。
建築当初は、
壁は木だったのでしょうか。

Commented by gipsypapa at 2015-03-04 13:55
j-garden-hirasato さん、
会社なので、
何度も手が加えられた可能性がありますね。
平日に行ったら
シャッターが上がっているかどうか
興味があります。
Commented by sy-f_ha-ys at 2015-03-04 19:04
外壁にモルタルや今風の建材が貼られていますが、
軒下の持ち送りは、レトロ建築の証ですよね。
北海道という土地柄、その昔は洋風下見板張りの外観だったんでしょうか。
函館も持ち送りだけが健在で、外壁が改装された
建物はいっぱいあります。
Commented by gipsypapa at 2015-03-05 08:28
sy-f_ha-ys さん、
なるほど。
持ち送りには注目しませんでした。
データがないので、
詳しくはわかりませんが
昭和初期以前でしょうね。
<< 道東の湖巡り 釧路の「洲崎町なつかし館蔵」 >>