東京銀座のヨネイビルディング

c0112559_932852.jpg
 東京ステーションホテルで1泊しましたが、前夜の同窓会の酒が抜けきっていません。朝から銀座の見逃している建物を探索するつもりで、歩きました。地図を持っていましたが、似たようなビルが立ち並び、なかなかお目当てが見つかりませんでした。暑いということもあり、結局見たのはこれだけでした。

 「ヨネイビルディング」は、当時、機械や資材等の輸出入を行なう銀座の商社、米井商店の本社ビルとして建てられました。

 外観は中世ロマネスク風といわれています。上層階は直線を強調したオフィスビルで、現代的な色合いもあります。1階部分はいわゆる中世ロマネスク。重厚な石貼の外壁に配された大小のアーチ窓には螺旋模様が施されています。2階以上にはたらこったの装飾があり、外壁はタイル張りだったそうですが、今はモルタル仕上げに変わっています。

 設計は台湾で活躍し、旧台湾総督府交通局逓信部台湾総督府台北賓館監察院などを手掛け、同じ銀座の丸嘉ビルを設計した森山松之助。東京都選定歴史的建造物の鉄骨鉄筋コンクリート造り6階建て、地下1階。

 追加画像です。2年ぶりに前を通りかかったので、中に入ってみました。2016.11.27

ヨネイビルディング
旧米井商店本社ビル
1930(昭和5)年 / 1951(昭和26)年増築
東京都選定歴史的建造物
設計 : 森山松之助
施工 : 清水組
東京都中央区銀座2-8-20
撮影 : 2014.8.1
c0112559_965556.jpg
c0112559_97799.jpg
c0112559_972126.jpg
c0112559_973458.jpg
c0112559_974463.jpg
c0112559_975550.jpg
c0112559_98950.jpg
c0112559_982328.jpg
c0112559_983257.jpg
 現代的なビルの窓に映りこんだヨネイビルディング。

 前回はなかったアンチ・シャルバンティエ銀座メゾンという洋菓子店が1階のテナントになっています。2016.11.27
c0112559_9244822.jpg
c0112559_925221.jpg
c0112559_9251660.jpg
c0112559_9253386.jpg

 食べログにあったショーウィンドウの写真。
c0112559_9265336.jpg

by gipsypapa | 2015-02-23 09:09 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/23556237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2015-02-24 06:51
以前、
銀座のレトロを巡ったとき、
この建物は観ました。
銀座って、
意外とレトロな建物が多くて
驚きました。
Commented by gipsypapa at 2015-02-25 09:12
j-garden-hirasato さん、
銀座は空襲の被害が少なかったのでしょうか。
確かに戦前のビルが多いです。
どちらかというと
老朽化のために
最近壊されたものも
数ありますね。
Commented by Jobi at 2016-11-28 18:37 x
最近銀座店をオープンしたんですね。
レトロなインテリアに囲まれてケーキとお茶なんて素敵ですね。
洋館は天井が高くて解放感がありますよね。
Commented by gipsypapa at 2016-11-29 19:05
Jobi さん
ああ、やはり前回行ったときには
アンチ・シャルバンティエはなっかったわけですね。
場所的に洋菓子の店にぴったりでしょう。
<< 釧路を観る(その1) JR東京駅丸ノ内本屋(東京ステ... >>