文京区の平野家住宅

c0112559_9172927.jpg
 西片の洋館の二つ目です。大正時代に建てられた和洋折衷の大型住宅で、門を入って右手に洋館。左手に簓子下見の和風の棟があります。元は中央公論社創設者の麻田駒之助氏の自邸だったものです。

 洋館部は白タイル貼りでハーフティンバースタイル。かなり背が高い建物で、屋根窓がちらりと見えました。主玄関とは別の玄関と階段室があるそうです。非常に良い状態で使われ続けています。

 設計は曽禰達蔵の下で三菱の丸の内赤煉瓦オフィス街の設計を行ったのち、独立して先駆的な住宅設計を手がけたことで知られる、保岡 勝也(やすおか かつや 1877 – 1942)。このブログでも上野ビル旧三菱合資会社唐津支店本館を紹介しています。国の登録有形文化財の木造2階建て。

平野家住宅
旧麻田駒之助邸
主家:1921(大正10)年/ 洋館1922(大正11)年
登録有形文化財
設計 : 保岡勝也
施工 : 不明
東京都文京区西片2-9-12
撮影 : 2014.7.30
c0112559_9204317.jpg
c0112559_921798.jpg
c0112559_9211671.jpg
c0112559_9213987.jpg
c0112559_9215122.jpg
 玄関が中央にあり・・・
c0112559_9222611.jpg
 左側に主屋。純和風の邸宅です。
c0112559_9232139.jpg

by gipsypapa | 2015-01-29 09:25 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/23402914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 文京区の金澤家住宅主屋・洋館 文京区の橋本家住宅 >>