関西大学簡文館

c0112559_9584257.jpg
 千里山から歩いて関西大学へ行きました。関西大学の千里山キャンパスは1922(大正11)年の開校なので、歴史ある建物があっても不思議ではありませんが、文化財に登録されているのは、この簡文館だけ。ほとんどすべての校舎は新しいものに建て替えられているのでしょう。

 「関西大学簡文館」の古い部分は1928(昭和3)年に図書館として建築されました。その後、数度の増改築がありしたが、1955(昭和30)年の関西大学創立70周年記念事業の一環として円形建物が増築され、現在の博物館の展示室となっています。

 増築部の設計は、現代的な表現技法と伝統的な建築素材を融合する建築様式を確立して、和風建築の設計にも手腕を発揮し、数寄屋住宅の名手といわれた村野藤吾(むらの とうご1891 – 1984)。このブログではすでに世界平和記念聖堂(カトリック幟町教会)近三ビルジング中村健太郎法律経済事務所三養荘新館第一住建梅ヶ枝ビルを紹介しています。

 村野氏はこれ以外にも、関西大学の千里山キャンパスで、昭和26(1951)年から約30年間に40近くの建物を設計しているそうなので、そろそろ新たに文化財登録される建物も出てくるかもしれません。国の登録有形文化財の鉄筋コンクリート造3階建て。

関西大学簡文館
1928(昭和3)年 / 1955(昭和30)年(増築)
登録有形文化財
設計 : 村野藤吾(増築部)
施工 : 竹中工務店(増築部)
吹田市山手町3-3-35
撮影 : 2014.6.19
c0112559_1025757.jpg
c0112559_103712.jpg
c0112559_1032730.jpg
c0112559_104257.jpg
c0112559_104212.jpg
c0112559_1043038.jpg
 2階のカラフルな装飾タイル。
c0112559_105086.jpg
c0112559_1051072.jpg
 こちらが昭和3年築の旧図書館。これも3階建てで、レトロ感があります。
c0112559_1054047.jpg
c0112559_1055166.jpg
c0112559_106116.jpg
c0112559_1061076.jpg
 玄関周りも円形。
c0112559_1063917.jpg
c0112559_1064747.jpg
 螺旋階段です。丸が多い。
c0112559_1071918.jpg
c0112559_1072880.jpg
c0112559_1073886.jpg
c0112559_1074635.jpg
 博物館に入ります。
c0112559_1085082.jpg
c0112559_108583.jpg
c0112559_109795.jpg
c0112559_109167.jpg
 この日の展示は角倉素庵と俵屋宗達でした。これは俵屋宗達の「楊梅図屏風」。
c0112559_1094825.jpg
c0112559_1095741.jpg
c0112559_1010438.jpg
c0112559_10101286.jpg
c0112559_1010218.jpg
c0112559_10103057.jpg
c0112559_10103923.jpg

by gipsypapa | 2015-01-15 10:11 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/23336421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2015-01-16 06:39
ユニークな形状ですね。
タイルも凝っていて、
遊び心、満載です。
Commented by gipsypapa at 2015-01-16 10:01
j-garden-hirasato さん、
そうですね。
戦後の学校建築には
かなりの数の円形教室が建てられたそうですが、
あまり古くなっていないのに
取り壊されて
余り残っていません。
なにかと非効率なのではないでしょうか。
<< 関大前のWN邸 千里寺本堂 >>