白川橋

c0112559_9415170.jpg
 「京都のお屋敷めぐり」の第4回目は左京区でヴィーリズ設計の駒井家住宅と重森美玲庭園美術館でした。駒井家住宅はすでに何回か訪問していたのでスキップ。地下鉄の東山駅で下車し、東に少し、あとはひたすら北へ約2km歩いて重森美玲庭園美術館を目指しました。途中、見たい建物が色々あり、寄り道もするつもりです。

 三条通の白川に架かる白川橋です。照明が灯る橋柱が良さそうなコンクリート橋ですが、詳細は分かりませんでした。多分、戦後に架けかえられたのでしょう。

白川橋
詳細不明
京都市東山区五軒町113付近
撮影 : 2014.7.18
c0112559_9433036.jpg

c0112559_9434410.jpg
c0112559_943555.jpg
c0112559_9441226.jpg
 三条通に象嵌を売っている店がありましたが、どこだったか忘れてしまいました。
c0112559_9445212.jpg

c0112559_945496.jpg
 ここは東山区ですが、北に行くと左京区。次回から左京区を歩きます。
by gipsypapa | 2014-12-28 09:47 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/23264872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-12-30 07:02
こういう生活の中に埋没している橋も、
よく見ると味わいがありますよね。
高欄はブロックを利用。
こんなブロック、
初めて見ました。
Commented by gipsypapa at 2014-12-30 08:55
j-garden-hirasato さん、
親柱の照明灯がなければ
なんてことがない橋です。
最近は白川に縁があって
そのものが橋の名前になっていたので
気になりました。
<< 白河院旧館 花屋 >>