鶴清

c0112559_911158.jpg
c0112559_921827.jpg


 この日は三条通の北側から五条の南まで下ってきましたが、晴鴨楼で終わりにして、四条まで戻って阪急電車に乗るつもりです。

 五条大橋を渡って西に歩き、高瀬川沿いを北に曲がるとすぐのところに鶴清(つるせ)があります。昭和初期の風情を今に残す総檜造りの純和風旅館。京都の夏の風物詩である「鴨川の床」があり、200名の収容が可能という、日本最大級の「床」で有名です。

 京風懐石料理でも知られ、200畳を超える三階大広間での大宴会や、総合神前結婚式場として、純京風の伝統と格式を誇る料理旅館です。木造3階建て。

鶴清
昭和初期
設計・施工 : 不明
京都市下京区下材木町451
撮影 : 2014.6.13
c0112559_931071.jpg
 五条大橋。牛若丸と弁慶の伝説で有名ですね。現在の橋は1959(昭和34)年に架け替えた鉄筋の橋です。西側に渡ると鴨川と並行して高瀬川が流れています。
c0112559_94826.jpg
c0112559_943537.jpg
c0112559_944671.jpg
c0112559_945792.jpg
c0112559_95899.jpg
c0112559_952063.jpg
c0112559_953085.jpg
c0112559_954120.jpg
c0112559_955181.jpg
c0112559_96070.jpg
c0112559_961236.jpg
c0112559_962473.jpg
 鴨川側からの夜景や内部の写真がHPにあったので借用します。↓
c0112559_9783.jpg
c0112559_972216.jpg
c0112559_973499.jpg

by gipsypapa | 2014-12-25 09:09 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/23252435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-12-26 05:53
おー、
こういうところで宴会を開いてみたいものです。
これだけ広いと、
気持ちいいでしょうね。
以前、京都に行ったとき、
ちょうど夕暮れ時で、
鴨川に写った明かりが派手な建物があって、
さすが、京都、と思ったものでした。
ここだったんですね。
Commented by gipsypapa at 2014-12-26 08:50
j-garden-hirasato さん、
私もよく知りませんでした。
川床で有名らしいです。
泊まることもできますが
普通は床で食べるお客さんが多いようです。
とはいえ、ここも庶民には遠いかも。(笑)
<< 高瀬川沿いを歩く 晴鴨樓 >>