京都の旅館 晴鴨樓

c0112559_965980.jpg


 五条大橋の東側、半兵衛麩本店のある細い問屋町通りを南に進むとすぐの場所にある観光旅館の晴鴨樓(せいこうろう)です。創業は天保2年(1831)という歴史のある旅館で、現在の建物は明治と大正期に建てられたもの。 
c0112559_983769.jpg 外観は純和風に見えますが、玄関周りは京風にちょっと中華風も感じる不思議な意匠です。また内部にはステンドグラスがあるそうで、照明器具や看板などに洋風を加味した和洋折衷のレトロ感一杯です。俵屋、柊家、炭屋の3大老舗ほど有名ではありませんが、やはり高級旅館です。センスの良い雰囲気があり一度は泊まってみたい、木造の2階建て。

晴鴨樓
1901(明治34)年/1921(大正10)年
設計・施工 :不明
京都市東山区西橘町467
撮影 : 2014.6.13




c0112559_985454.jpg
 門から玄関先を覗いていたら、若い外人男性が中から出てきました。聞くとここに宿泊しているそうです。
c0112559_993914.jpg

c0112559_995027.jpg
 玄関先を見ると若い女性が出てくるところ。カップルです。「高そう。」というと「特別な旅館なので当然」とおっしゃいます。お金持ちですねぇ。ちなみにHPを見ると「政府登録国際旅館」とあります。なるほど。
c0112559_9104780.jpg

c0112559_9105676.jpg
c0112559_911944.jpg
c0112559_9113062.jpg
 この蔵も晴鴨樓のものでしょう。
c0112559_912234.jpg
 裏に回って鴨川沿いの川端通から。
c0112559_9123447.jpg
c0112559_9124467.jpg
c0112559_9132827.jpg











 愛読書の宮本和義著「和風旅館建築の美~生き続ける木造の宿探訪」(日本交通公社)の表紙になっています。

 内部の写真が記事の中にあります。「古都に潜むエキゾチシズムの館」というキャッチフレーズがついています。
c0112559_9141352.jpg
c0112559_9142351.jpg
  こちらは晴鴨樓のHPから借用しました。↓
c0112559_916780.jpg
c0112559_9161784.jpg
c0112559_9162716.jpg
c0112559_916377.jpg
c0112559_9164743.jpg
c0112559_9165956.jpg
c0112559_9171219.jpgc0112559_9172890.jpg 部屋が開いている日に限り、京料理を食べるだけも可能だそうです。
by gipsypapa | 2014-12-24 09:21 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/23248280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-12-26 05:56
高級旅館ですねえ。
とても庶民では、手が出ませんね。
雰囲気だけ、
楽しめました。
Commented by gipsypapa at 2014-12-26 08:47
j-garden-hirasato さん、
本で知ってから
ずっと気になっていて
覗いてみました。
玄関しか見ることができませんでしたが
想像通りのよさそうな旅館です。
庶民では手が出ないのは
間違いないでしょう。(笑)
<< 京都の鶴清 半兵衛麩本店 >>