京都の太田内科診療所

c0112559_8361869.jpg


c0112559_8365520.jpg 古い医院建築には優れたものが多いのですが、これもその一つ。縦長窓が整然と並び、外壁の下部は大きめの白いタイルを2階の窓下まで貼った、昭和初期ころに流行したスタイルです。木造2階建て。

太田内科診療所
昭和初期以前
設計・施工 : 不明
京都市東山区山崎町368
撮影 : 2014.6.13
c0112559_8371378.jpg
c0112559_8372339.jpg
c0112559_8373937.jpg
c0112559_8375756.jpg
 全体的にはそれほど特徴はありませんが、玄関の軒下はレトロです。
by gipsypapa | 2014-12-22 08:39 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/23239432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-12-23 07:35
ちょっと見、
それほど古い建物に見えませんが、
細部をよく見ると、
やはり年季の入った建物ですね。
こういう建物が多く残る京都、
ほんと、戦火に遭わなくてよかったです。
Commented by gipsypapa at 2014-12-23 10:28
j-garden-hirasato さん、
玄関周り以外は普通ですので
知らなければ通り過ぎますよね。
またこの周辺は普通の町並みで
京都らしさはないので
なおさらです。
<< 半兵衛麩本店 京都のそば処二葉 >>