祇園雪虎製作所

c0112559_8402332.jpg
c0112559_8411398.jpg





宮川町歌舞練場に向かっていると、角地に不思議な建物がありました。町屋を白い壁で覆ったような建物で、側面の祗園雪虎製作所のポスターが目を引きました。

調べると、磁器製ネムリ人形(桜ビスク)専門会社のアンティークショップらしいです。それにしても「桜ビスク」って?、「乙女用品」って何でしょう?木造平屋建て。

祇園雪虎製作所
詳細不明
京都市東山区小松町146
撮影 : 2014.6.13
c0112559_8413621.jpg
c0112559_8415067.jpg
 軒下に鏝絵のような絵と観音様?の像が架かっています。
c0112559_8422858.jpg
 気になるのでアップで。むむむ・・・やはり正体不明です。
c0112559_8493020.jpg
 この日は閉まっていましたが、ブログ「感動至上主義」「ronのcuoc song」に写真があったので借用します。↓
c0112559_845576.jpg
c0112559_8451621.jpgc0112559_8452473.jpg
by gipsypapa | 2014-12-19 08:49 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/23227742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-12-22 06:22
結局、
何のお店なんでしょう。
アンティークショップ?
雑貨屋?
白壁に赤い自転車2台、
このお店のものでしょうか。
Commented by gipsypapa at 2014-12-22 08:46
j-garden-hirasato さん、
はい、色々と謎が多いです。
店が閉まっていたので
ネットの写真しか見ていないのです。
アンティークの店っぽいですが
古本も並んでるし。
赤い自転車は白壁に似合っているので
お店のものかな。
<< 宮川町歌舞練場 京都の手越医院 >>