摩利支尊天堂

c0112559_96439.jpg
 建仁寺の南側にある摩利支尊天堂(まりしそんてんどう)は1333(正慶2)年の創建。

 建仁寺の境内の一角にある塔頭(たっちゅう)のひとつで、禅居庵(非公開)の境内にあります。摩利支天とはインドの神様で陽炎を神格化したものだとか。猪はこの神様のお使いとされ、いたるところにありました。京都府指定文化財の木造平屋建て。

摩利支尊天堂
1911(明治44)年
京都府指定文化財
設計・施工 : 不明
京都市東山区小松町146
撮影 : 2014.6.13
c0112559_991069.jpg
c0112559_992050.jpg
c0112559_993362.jpg
c0112559_994379.jpg
 狛犬ではなく、狛猪(こまいのしし)です。
c0112559_911617.jpg
c0112559_9111666.jpg
c0112559_9112875.jpg
c0112559_9113887.jpg
c0112559_9114734.jpg
c0112559_912026.jpg
c0112559_9123911.jpg
c0112559_9124838.jpg

by gipsypapa | 2014-12-17 09:13 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/23219577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-12-19 05:51
狛イノシシを見たくて、
訪れたことがあります。
時間がなく、
ササッと写真を撮って、
移動してしまいましたが、
よく見ると、
いろいろ面白そうなものがありますね。
次回は、じっくりと。
Commented by gipsypapa at 2014-12-19 08:59
j-garden-hirasato さん、
ここは大通りから近いので
過去にも何回か行ったことがあります。
名前といいイノシシといい
ユニークですね。
<< 京都の手越医院 東山 建仁寺 >>