東山 建仁寺

c0112559_8365054.jpg
 四条を過ぎて大和大路通りを南下していると、建仁寺(けんにんじ)の前に出ました。基本的に洋館と旅館などがターゲットでしたから、ここは想定外でしたが、門の傍に「双龍図」の写真がある立て看板が見えました。そういえばこの龍の絵はkafe3232さんの「バルチザン2・・・夢と希望」で見た記憶があり、急に予定変更して見に行くことにしました。

 建仁寺の歴史は古く、1202(建仁2)年に将軍源頼家が寺域を寄進し、栄西禅師を開山として宋国百丈山を模して建立されたそうです。元号を寺号とし、山号を東山(とうざん)といいます。

 戦乱と幕府の衰退により荒廃しましたが、天正年間(1573-1592年)に安国寺恵瓊(あんこくじえけい)が方丈や仏殿を移築しその復興が始まり、徳川幕府の保護のもと堂塔が再建修築されました。

 京都最古の禅寺で、俵屋宗達の「風神雷神図」や海北友松の襖絵などの文化財を豊富に伝えています。

東山 建仁寺
室町時代 / 1599(慶長4)年移築
重要文化財(方丈)
設計・施工 : 不明
作庭 : 七代目小川治兵衛加藤熊吉(大雄苑)
京都市東山区小松町584
撮影 : 2014.6.13
c0112559_8394038.jpg
c0112559_840235.jpg
 門の左に立つている看板が目に入りました。
c0112559_8403532.jpg
 本坊
 本坊から入ります。HPに築年等のデータがないので、新しいものと思われます。拝観料は500円でした。
c0112559_8411398.jpg
c0112559_8412270.jpg
c0112559_8413264.jpg
 俵屋宗達の「風神雷神図屏風」は国宝です。二曲一双の屏風全面に金箔を押し、右に風神、左に雷神を描いています。

 こんな貴重で素晴らしいものを間近で見られる理由は、展示しているのが高精細デジタル複製だから。このあと襖絵がたくさん出てきますが、これらを含めた全50面の襖絵は、すべて栄西禅師800年大遠諱(だいえんき)記念事業として京都文化協会、キャノンの協力で複製したものです。

 個人的には大いに拍手したいところです。このような国宝や重文は非公開の寺社が多く、たまに公開されても撮影禁止だったりして、いつも不満を感じるので、このような試みには大賛成。実際、見た目も撮影しても、知らなければ複製とは思いません。十分満足です。
c0112559_8422513.jpg
c0112559_8423693.jpg
方丈
重要文化財
室町時代 / 1599(慶長4)年移築
慶長四年(1599)恵瓊(えけい)が安芸の安国寺から移築したもので、優美な銅板葺の屋根が印象的な禅宗方丈建築。本尊は東福門院寄進の十一面観音菩薩像。
c0112559_8433055.jpg
 前庭に枯山水様式の石庭「大雄苑(だいおうえん)」があります。 七代目小川治兵衛の作庭で、植治の作品として枯山水は非常に珍しい。ネット情報をもとに植治としましたが、「京都の名庭園」という本では加藤熊吉(植熊)の作庭となっていますので、修正します。1014.12.20
c0112559_844239.jpg
c0112559_8441269.jpg
 石庭の向こうは興雲庵の鎮守稲荷、陀枳尼(だきに)尊天堂。
c0112559_846871.jpg
 海北友松の「雲竜図」。桃山時代に描かれた襖絵。重要文化財です。海北 友松(かいほう ゆうしょう、1533-1615)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての絵師で、海北派の始祖。
c0112559_8501930.jpg
c0112559_8511696.jpg こちらも海北友松の「竹林七賢図」。重要文化財。いずれも高精細デジタル複製です。キャノンのHPに「綴」という名前で紹介されています。建仁寺のみならず、他の寺社の襖絵や海外に流出した日本画まで、多くの作品が紹介されていて、大変興味深いので是非どうぞ。

 方法は、キャノンが開発した特殊な装置を使って、数多くのコマに分割して撮影したのちにパソコンで画像処理するそうです。また金箔など手作業も加えられています。特殊撮影の器具は右→を。
c0112559_852713.jpg
c0112559_852535.jpg
c0112559_85219100.jpg
 これらの襖絵は何だったか、見忘れました。
c0112559_853182.jpg
c0112559_8532785.jpg
 ○△□乃庭。禅宗の四大思想(地水火風)を、地(□)、水(○)、火(△)で象徴しているそうです。
c0112559_854013.jpg
c0112559_8541164.jpg
 本坊の中庭「潮音庭(ちょうおんてい)」は中央に三尊石、その東には座禅石。廻りに紅葉を配した四方正面の禅庭です。
c0112559_854526.jpg
c0112559_8551190.jpg
c0112559_8552390.jpg
c0112559_8553484.jpg
c0112559_8554530.jpg
c0112559_8555652.jpg
c0112559_856815.jpg
c0112559_8562077.jpg
c0112559_8563063.jpg
c0112559_856405.jpg
c0112559_8565064.jpg
c0112559_857227.jpg
c0112559_8571417.jpg
c0112559_8572548.jpg
c0112559_8573651.jpg
法堂
明和2年(1765年)。
法堂(はっとう)は仏殿兼用の「拈華堂(ねんげどう)」。五間四間・一重・裳階付の堂々とした禅宗様仏殿建築。正面須弥壇には本尊釈迦如来座像と脇侍迦葉尊者・阿難尊者が祀られています。
c0112559_8582694.jpg
c0112559_8584161.jpg
c0112559_8592379.jpg
c0112559_859348.jpg
 大天井に描かれた双龍図。
c0112559_90178.jpg
 よく見るとつぶらな瞳で可愛い。龍の天井画といえば松崎の「長八記念館(浄感寺)」の入江長八の龍、まだアップしていないのですが宮津の「経王寺」、毛色の変わったものでは大阪の「鯛よし百番」を見たことがありますが、いずれも瞳はぱっちりと大きいです。
c0112559_90536.jpg
 パンフレットでは、この建仁寺法堂の双龍図は小泉淳作画伯」筆により、2002(平成14)年に創建800年を記念して描かれたもので、意外にも新しいものでした。
c0112559_912366.jpg
c0112559_915216.jpg
c0112559_931091.jpg
三門
江戸時代末期
1923(大正12)年、望闕楼(ぼうけつろう)とも呼ばれ、静岡県浜名郡の安寧寺から移建したもの。御所を望む楼閣ということで、望闕楼と名付けられたそうです。
c0112559_9139100.jpg
c0112559_92359.jpg
勅使門
重要文化財。
寺の南側正面、八坂通りに面した四脚門。平教盛の館門(平重盛の館門とも)を応仁の乱後に移築したものと伝えられます。様式的には鎌倉時代末頃の建築だそうです。

 建仁寺には↑のMap2にあるように、多くの塔頭寺院(たっちゅうじいん)がありますが、見きれませんでした。「日本の遺産」というHPにいくつか紹介されています。他にも見どころがありますね。
by gipsypapa | 2014-12-16 09:22 | 建築 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/23215499
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-12-19 06:07
建仁寺は、
見所が多いですね。
自分は真っ先にお庭ですが、
襖絵、天井画、
そして、重厚な建築物群。
どれをとっても魅力的です。
行きたくなりました。
Commented by gipsypapa at 2014-12-19 08:57
j-garden-hirasato さん、
偶然通りかかって見に行きましたが
行って良かったです。
本坊の色々な部屋が
お寺という感じではなく
数寄屋風の床の間など
見どころ満載でした。
庭もいいですね。
枯山水が植治の作庭というのは
ネットで調べていて知るりましたが
ウィキペディアの作品リストには
載っていませんね。
Commented by gipsypapa at 2014-12-20 17:32
j-garden-hirasato さん、
ネット情報が間違っていたようです。
作庭は加藤熊吉(植熊)が正しいようです。
修正します。
<< 摩利支尊天堂 京都の大和橋 >>